‘ラス’イ・テゴン、暴行是非から更年期まで熱い話し方

984489.jpg
俳優イ・テゴンが暴行是非転末から更年期などを率直に明らかにして熱い話し方を自慢した。

去る3日午後放送されたMBC芸能プログラム‘黄金漁場ラジオスター’は‘オー! 私の能力者’特集で組んで俳優イ・テゴン、種スター所有、プルレガイドゥピルスンでも、コメディアン パク・ソングァンが出演した。

断然目につくゲストはイ・テゴンだった。 最近‘暴行是非’という事件で大型トクパプを水高温イ・テゴンは放送開始からMCの嵐のような質問に暴行是非事件の転末を公開した。 結論的にイ・テゴンはよくこらえた。

イ・テゴンは“握手を拒否して是非が始まったという報道は誤報”として“すでに産み酔っぱらった3人が私にタガワ握手をお願いした。 感じが良くなかったけれど握手に応じたが、皮肉当てて突然思うことができないところでげんこつが飛んできた。 1人が私のからだをチャバッコ、二人に一方的に合った。 鼻骨が骨折して血もたくさん出た”と説明した。

引き続きイ・テゴンは“これを受け返すのか悩みをたくさんした。 私がげんこつを振り回せば双方果実(過失)になるためだ”として“チキン店主人おばさんが‘殴ってはいけない’で止めたし、私はこらえた。 警察に調査を受ける時正当防衛基準を尋ねたが、相手方が殴ったが反撃を試みれば双方になる”として最後までこらえた理由をいった。

イ・テゴンはこの事件で芸能界引退で悩んだ。 彼は“鼻骨骨折をはじめとして顔に傷を負った後とうてい再び(俳優を)できなく付ける気がした”として“江南(カンナム)に自然産刺身料理屋を整えようとした”と告白して笑いをかもし出した。

暴行是非に対する真実を打ち明けたイ・テゴンは格別な商売の手腕や更年期などサンナム者イメージとは反対になるエピソードを取り出して目を引いた。 イ・テゴンは一日売り上げ10万ウォンの外にならなかった広場ビヤホールを日売り上げ400万ウォンに変えたエピソードや水泳講師で活躍した過去を話した。

特にイ・テゴンは最近更年期症状がきたと明らかにした。 彼は“今41才で、何かを育てたくてレモン木を買った。 ある日そっと触ったが実が落ちた。 以前のようならば何の考えがなかったはずなのに感受性が爆発した。 私の子供同じで3日間見るだけでいた”と話した。 また、イ・テゴンは最近では生きている魚を手入れできないとも明らかにした。

イ・テゴンの熱い話し方が光った‘ラジオスター’であった。 イ・テゴンは暴行是非から更年期まで、多様な話し方を熱く解きほぐした。 暴行是非以後再び放送に復帰したイ・テゴンの活躍が期待される活躍だった。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 04.2017   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32643-358342a2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR