カンドンウォン、初のJIFF参加…、曽祖父議論直接謝罪"反省・勉強する"



ガンドンウォンが'マスター'に全州国際映画祭観客との対話に一緒にした。 この席で、曽祖父の論争についても直接謝罪した。

3日、全羅北道全州市完山区高士洞CGV、全州(チョンジュ)テスト5館で映画'マスター'(監督チョウィソク)GV(観客との対話)が開かれた。 この席にはチョウィソク監督と俳優カン・ドンウォンが出席した。

カン・ドンウォンさんは、'マスター'に全州国際映画祭に初めて出席した。 昨年12月21日に封切られ、714万人の観客を集め、興行に成功した'マスター'は今年第18回全州(チョンジュ)国際映画祭(JIFF)コリアシネマ・スケープ部門に招待され、観客に会った。

特にこの場はこの3月に浮き彫りになった母方の曽祖父親日派をめぐる議論の後、初めてからは公式の席上で注目された。 当時、カン・ドンウォンさんは、所属会社を通じてこれと同様の論議に直接謝罪を伝え、"今回のことを通じて、歴史についてもっと勉強しても反省していきます。 さらに、微弱ながら私にできる仕事を求めて実践します"と立場を明らかにしている。
20170503222946c65.jpg

午後2時から始まった映画上映後4時30分、観客の熱烈な歓呼の中に劇場に登場したことカン・ドンウォンは"こんなに全州(チョンジュ)映画祭でお会いできて嬉しいよ。 私がGVを始める前に申し上げなければならないことがありそうなので、了解の申し上げる"と切り出した。

続き、"私が今年初めに曽祖父、論難があるが公式的な場所やこんな所でおわびを申し上げたくた。 機会もないし、場所もなくて申し上げなかった。 歴史と真実について反省して、勉強するつもりだ。 個人的なことで、申し上げることになって申し訳ない"と繰り返し謝罪した。

第18回全州(チョンジュ)国際映画祭は6日まで全州映画の距離で行われる。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32632-6d2d407b

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR