韓恵進(ハン・ヘジン)"'ミウセ'側途中下車最初から知っていた"



俳優の韓恵進(ハン・ヘジン)がSBS'憎い我が子'(ミウセ)で下車について口を開いた。

ハン・ヘジンは28日午後、自身のインスタグラムに"私は昨年12月にプログラムを下車したのが正しい。 製作陣の方が番組のスタート段階から私の事情(プログラムの途中で夫のそばに行かなければならないという)をすべて知っシコド監査するようにも難しい状況を受け入れてくれていい機会を与えた。 ずっと一緒にしたくて欲しい番組である'憎い我が子'はウィークリープログラムであるため、私がイギリスと韓国を行き来しながら録画できもそうだと夫を一人で置き続けたこともできずに予定通り下車して来るようになった"と立場を伝えた。

続き、ハン・ヘジンは"ありがたくも辞退以後、に5月にまた入って来たらいっしょにという提案をしてくれたししたい、欲が出たが、再び挨拶して家族のそばに行かなければならない状況が繰り返されるのは、視聴者の方に対する礼儀もなく、自分の欲という気がした。 申し訳ない気持ちで私の意思を申し上げたし、うまく仕上げになったと思っている"と以後の状況を説明した。

また、ハン・ヘジンは"これが私が知っていて申し上げられることの全てだ。 '憎い我が子'の製作陣らと視聴者の方にもう一度迷惑をかけるようになって申し訳なくて重い心だけ"とし、"私の欲によってプログラムに累を及ぼすことになったようで心が重い、この手記も私を保護するための利己的な文章ではないか、ずっと迷っている継続される記事で誤解が起こるよう、文章を書くことになった"と釈明した。

ハン・ヘジンは昨年8月'ミウセ'MCに3年ぶりに芸能番組に復帰した。 しかし、同年12月にプログラムで下車、夫奇誠庸内助を向けてイギリスヘ発った。 その後、あるメディアは、韓恵進(ハン・ヘジン)が来る5月、奇誠庸シーズンが終了されれば、再び'ミウセ'に復帰しようと準備したが、子育てに集中しようと拒絶意思を明らかにしたと報道した。

20170429034357672.jpg

■次は韓恵進(ハン・ヘジン)立場の専門

まず、私は、昨年12月にプログラムを下車したことが正しいです。 製作陣の方が番組のスタート段階から私の事情(プログラムの途中で夫のそばに行かなければならないという)をすべて知っシコド監査するようにも難しい状況を受け入れてくれていい機会をくださいました。 ずっと一緒にしたいし、本当に欲しい番組である'憎い、縄'はウィークリープログラムであるため、(ドラマ、映画、シーズン制番組のように終わりがあるのではなく)私がイギリスと韓国を行き来しながら録画できもそうだと夫を一人で置き続けたこともできずに予定通り下車してくるようになりました。

しかし、ありがたくも辞退以後、に5月に再び入ったら一緒にしようという提案をしてくださったししたい、欲が出たが、再び挨拶して家族のそばに行かなければならない状況が繰り返されるのは、視聴者の方に対する礼儀もなく、自分の欲という考えが聞きました。 それで申し訳ない気持ちで私の意思を申し上げたし、よく仕上げられたと思っています。

これが私が知っていて申し上げられる全部で、'憎い、縄'の製作陣らといやな私の子を愛してくださった視聴者の方にもう一度迷惑をかけるようになって申し訳なくて重い心だけです。

よい番組をしたかった私の欲によってプログラムに累を及ぼすことになったようで心が重い、この手記も私を保護するための利己的な文章ではないか、ずっと迷っている継続される記事で誤解が起こるよう、文章を書くようになりました。

これからどんな仕事をしても欲張らず、慎重にまた、へりくだっていいこと見せるように努力します。 '憎い、縄'感謝して申し訳ありません。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2017   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32561-cd281bc5

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR