MBC'君主-仮面の主人'ユ・スンホとキム・・ソヒョンが街の'スムモッ初の出会い'で胸震える'ときめき爆撃'をプレゼントする。

来る5月10日初放送予定のMBC新しい水木ミニシリーズ'君主-仮面の主人'(パク・ヘジン、チョンヘリ脚本、ノドチョル、パクウォングク演出、ピープルストーリー・カンパニー、ファイブとドス製作、以下'君主')は朝鮮八道の水を私有して強力な富と権力を得た組織編修会と立ち向かって戦う皇太子の義理堅い死闘と愛を描いた作品のユ・スンホは'君主'で苦しむ民を救うため、編修会と対立する世子のイソン役を、キム・・ソヒョンは生まれつきの人物が肯定的で善良ながらも女性らしくない配布を持つハンカウン役を演じ、'歴代級明美'を予告している。

何よりのユ・スンホとキム・・ソヒョンが運命のようなロマンスを開始する、一本のグラビアのような'初の出会い'現場が捕捉され、耳目を集中させている。 お互いに目が合うとびっくりして、困惑する表情を建てるユ・スンホとキム・・ソヒョンの姿が行われ、、これでストーリー展開に対する期待感を抱かせている。

のユ・スンホとキム・・ソヒョンの'胸がどきどきする最初の出会い'は過ぎた1月12日、京畿道南楊州で撮影された。 この場面はユ・スンホとキム・・ソヒョンが劇中で初めて合わせ、互いの存在を知ることができない、重要なシーンであるだけに、二人だけでなく、スタッフたちまでもが緊張感を仄めかした状態。二人は撮影が始まる前にリハーサルからノドチョル監督と様々な意見を交わしながら、迫力あふれ、ときめき生える'初の出会い'を収めるために心血を傾けた。 続いて二人は刹那の瞬間だが、まるで時間が止まったのかお互いの瞳を見つめる、世子のイソンとハンカウンの感情をそのまま表現、見る人々を魅了した。

特にユ・スンホは走ってきたキム・・ソヒョンと会うので、広い市場を何度も走ってまた走らなければならなかった状況。体力的に苦労したことにもかかわらず、ユ・スンホは終始一貫して世子のイソンキャラクターに集中する姿に感動をもたらした。 また、二人は完成度の高いシーンのために連続して撮影を進行した後、再びカメラの前に来て几帳面にモニタリングを共にするなど、ドラマに対する特別な情熱を示した。

の制作陣は"ユ・スンホとキム・・ソヒョンは運命の始まりを知らせる、見ただけでも心臓が止まるような'初の出会い'を胸のドキドキの胸騒ぎそのまま完璧に表現した"、"政治と恋愛が調和をなす'ハイブリッドファクション時代劇'というジャンルを開拓することになるユ・スンホとキム・・ソヒョンがどのような熱演を繰り広げることになるか見守ってほしい"と明らかにした。

一方、'君主-仮面の主人'は歴史的な事実を中心に再創造された'ハイブリッドファクション時代劇'に新しく新鮮な突風を予告している。 ユ・スンホ、キム・・ソヒョン、エル(キム・ミョンス扮)、ユンソヒ、ホ・ジュンホ、パクチョルミンなど大勢の俳優たちと貫禄の俳優たちが意気投合、しっかりした'君主ライン'を完成、耳目を集中させている。 '発光オフィス'後続に来る5月に放送され予定だ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32374-3ad08386

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR