ジンクスも破るという'マン ツー マン'自信、'太后'症候群再現しようか

984627.jpg
'力強い女道峰(トボン)順'の力強い気勢を受け継ぐ間ドラマがテレビ劇場を訪ねてくる。 トップスターの警護員になるミステリー一人の男に広がることを描いたドラマ'マン ツー マン'. '太陽の後えい'キム・ウォンソク作家の次期作で注目されたこの作品にはパク・ヘジン、パク・ソンウン、キム・ミンジョン、チョン・マンシク、ヨン・ジョンフン、チェ・ジョンアンなど演技派俳優が総出動する。 事前製作ドラマの興行不振ジンクスも破るという自信が果たして視聴率にも続くことができるだろうか。

18日ソウル、永登浦(ヨンドンポ)タイムスクエアでJTBC新しいクムトドゥラマ'マン ツー マン'(キム・ウォンソク脚本、イ・チャンミン演出)製作発表会が開かれた。

この日キム・ウォンソク作家とパク・ヘジンはおもしろくて愉快なドラマを作るために始めたと口をそろえた。 特にパク・ヘジンは"台本を見てしない理由がなかった"としながら"他の諜報物のように重いのでなく愉快に解きほぐしたかった"と出演理由を明らかにした。

すでにすべての撮影を終えて鐘方椽まである'マン ツー マン'はもう視聴者の選択だけ残った状況. 最近になって事前製作ドラマの成績が振るわないためにこの日も'マン ツー マン'に向かった憂慮の視線があふれた。

パク・ヘジンも事前製作ドラマの成績が良くなかったことを知っていた。 ところが彼は"私どもが(ジンクスを)破ってみる"と格別な自信を表わした。 イ・チャンミンPDやはり"個人的にはもう視聴率がよく出てくる時になったことのようで演出した"と冗談を言って現場を笑い海で作った。

984626.jpg

ドラマから抜け出ることはできない一つ. まさにロマンスである。 パク・ヘジンはキム・ミンジョンとのロマンスに対して"民政姉とは初めから火がつくロマンスでなくトゥダッコリダが情を積み上げるロマンスなので楽しく撮影した"と話した。 引き続きプロメンスも言及して"聖雄が兄と延期するほど終わらんとするのが惜しいほどであった。 とてもおもしろいし期待されても良い"と話して期待感を高めた。

パク・ソンウンは"見るには私が警護員のようだが韓流スターの役割だ。 このように大使多くのキャラクターは初めて"と話して笑いを抱かれた。 彼は"初めて挑戦してみるキャラクターでおもしろくよく出てきたようで期待されても良いようだ"と付け加えた。

キム・ミンジョンは"明るくきれいに見えたくなかった。 ドーハというキャラクターはそんなに美しくてはいけないことのようでヘアースタイルも果敢に挑戦をしてみた。 最も軽く、自ら楽しむことができてできるキャラクターになった"と話した。

'マン ツー マン'は視聴率製造機キム・ウォンソク作家とJTBCドラマ歴史を再び書いた'力強い女道峰(トボン)順'のバトンを受け継いだという点で有利な高地に立っている。 興行要素をあまねく備えたこの作品、期待でない現実になることができるのか期待が集まる。 来る21日初放送.
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32367-947e3cc7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR