'チェジンヒョクのハード・キャリー'…'トンネル'視聴率が高止まり'最高6.2%'



'トンネル'が視聴率高空行進を続けている。

16日(日)放送されたOCN'トンネル'8回はケーブル、衛星、IPTVが統合された有料プラットフォーム世帯視聴率で平均5.2%、最高6.2%を記録し、爆発的な支持を得た。 ターゲット視聴率(男女2549歳)も平均5.3%、最高6.6%で同時間帯の1位を達成した。 (ニルソンコリア/全国基準)

同日の放送で、パク・グァンホ(チェジンヒョク分)は金ソンジェ(ユンヒョンミン分)が1986年度に自分が捜査していた連続殺人被害者の息子ということを分かるようになり、金ソンジェまた、パク・グァンホが実際に過去にタイムスリップをしたことを信じ始めた。 その中のパク・グァンホと金ソンジェは連鎖放火事件捜査に投入された。 進化されたと思っていた現場では大型の爆発が起こり、パク・グァンホは金ソンジェを抱いて、危機から救った。 以内のパク・グァンホは動画で火災現場を見ながら笑っている男性を発見し、目撃者に成り済ました犯人を捕まえるのに成功した。

シンジェイ(イユヨン分)はパク・グァンホ、金ソンジェを手伝って、チョン・ホヨン(ホソンテ分)の事件の分析を開始した。 だけでなく、現代の連続殺人犯、チョン・ホヨンが30年前のパク・グァンホが尋問した高校生、チョン・ホヨンと同一人物ということも明らかになった。 しかし、鄭鎬瑛特の事件について研究していたシンジェは連続殺人の犯行方法が変わったのを気づいた。 金ソンジェに会った後、犯人の方式が微妙に変わったのだ。また、同日、チョン・ホヨンの連続殺人が再び開始され、これらにまつわる連続殺人の輪が途絶えるかに関心が集まった。

一方、同日、パク・グァンホは焼けた洋装店で妻シンヨンスク(イシア分)の写真を発見した。 再婚相手として知られた薬剤師を訪ねて、、すぐ自分に子供がいるという事実を知った。 しかし、錬熟が住んでいた漢方医院を訪れたパク・グァンホが聞いたのは20年前錬熟が交通事故で死亡したという事実だ。劇の末尾には錬熟がクァンホにくれたホイッスルをジェイが持っているということが判明し、視聴者たちを、鳥肌脱に作った。

運命が交差するところOCN'トンネル'は人を求めようとする切実さで30年間続いた連続殺人事件を追跡する推理物。1986年トンネルで連鎖殺人事件の犯人を追っていた熱血刑事のパク・グァンホ(チェジンヒョク分)が2017年に疑問の時間移動をすることになって、エリート刑事の金ソンジェ(ユンヒョンミン)、犯罪心理学教授シンジェイ(イユヨン分)とともに30年ぶりに再開された連続殺人の犯人を追う過程を描く。 毎週土曜日と日曜日の夜10時に放送されている。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32339-db8701b0

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR