"朝鮮最高のビジュアル"。'師任堂'イ・ヨンエX、ソン・スンホン現場カット大放出

'師任堂、光の日記'熱情と笑いがいっぱいの現場ビハインドが公開された。

SBS水木スペシャルドラマ'師任堂、光の日記'(演出のユン・サンホ、脚本パクウンリョン、制作(株)グループエイト、(株)エンペラー・エンターテイメントコリア/以下'師任堂')24回が'2017国民の選択、大統領候補招請討論会'放映によって放映中止となった。 これに和気あいあいとした現場ビハインド写真を放出して、視聴者たちの悔しい気持ちを落ち着かせている。

公開された写真だけ見ても'師任堂'が作り出す火花を散らす演技明美と熱情を示す。 イ・ヨンエ(師任堂駅)、ソン・スンホン(イギョム駅)、チェジョンフヮン(中宗駅)などほとんどの俳優が撮影中間中間にも手で台本をめぐっておらず、演技情熱を燃やしている。 台本を見ながら一人で練習をしてみたり、互いに意見を調整し、和を合わせる姿でもっと良い場面を作り出すための俳優らの真摯な姿勢が感じられる。 イ・ヨンエは劇中の娘)として出演する子役の俳優申受娟(シン・スヒョン)と並んで座って対話を交わしながら台本三昧にふけっている。 睦み合うふたりの姿で現実の親子明美が感じられ、和やかさを増している。 現場で特に子役の俳優らと呼吸が多かった李英愛(イ・ヨンエ)が子役俳優を細かくチェックし、現場で配慮したという噂。

撮影場の隋所で咲く花笑みは和気あいあいして愉快な現場の雰囲気を表現する。 よく時代劇は最も大変な撮影と知られているが、俳優たちの顔には笑いの花が満開だ。 上品さと気品ある特有の目つきで子役の俳優らに向かって母微笑を発散する李英愛(イ・ヨンエ)、ビイクダン芸人たちと向かい合って独歩的ビジュアルとフンフン花笑顔で女心を逸らせたソン・スンホンは、映画をリードしていく女優として現場のムードメーカーの役割までしたと。 並んで座っていたイ・ヨンエと、ソン・スンホンが笑みを漏らされる場面は、改めて二人の優越したビジュアル明美に感心させ作る。

一方、師任堂とイギョムは御真影を成功的に遂行したが、危機は終わっていない。 中宗の計略もさらに悪辣になっている。 自分が突き放したミンチヒョン(崔チョルホ分)を利用し、師任堂とイギョムを殺すように密命を下し、ミンチヒョンは外敵と結託した後、師任堂を拉致した。 ミンチヒョンの書札を受けたイギョムは師任堂が取られているという生きたまま一歩にかけつけたが、すでに師任堂は、他の生きたまま搬送された後だった。 閉じ込められている師任堂の目の前にフィウムダン(オ・ユンア分)が登場し、好奇心と好奇心が増幅されている中で、果たして師任堂とイギョムが命を求めることができるか視聴者の関心が集まっている。

師任堂とイギョムを向けた危機が高まりつつ、没入感と吸入力が毎回歴代級を更新している'師任堂'24回は19日(水)夜10時SBSで放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32332-c782fa24

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR