‘耳打ち’ 6人キャラクターが抱いた欲望…すさまじさと醜悪だ間

984649.jpg
'耳打ち' 6人の人物はそれぞれ違った欲望を抱いている。

SBS月火ドラマ'耳打ち'は法律会社太白(テベク)を背景に敵で同志、結局恋人に発展する二人の男女が法費(法匪:法を悪用する無理)を痛快に懲らしめる話だ。 パク・ギョンス作家特有の反転展開、重たいメッセージ、鋭い警句大使などが好評受けている。 その中でも'欲望'という名前で綴られた、多様なキャラクターが'耳打ち'をより一層硬くするという反応だ。

'耳打ち'には多様な人物が登場する。 太白(テベク)という巨大な山の頂点に座っている人物もあって、くやしく全てのものを奪われてしまった人物もある。 これらが立っている位置も、状況もすべて違う。 しかし'耳打ち'中人物は全部自身の欲望のために競走馬のように走って行くという点で一脈相通じる。 ここらで時には醜悪で、時にはすさまじい'耳打ち'中人物の欲望を覗いて見よう。

▲父汚名をはがすために全てのものを投げた、崖っぷちに立った新永住(イ・ボヨンの方)

良心的な言論人が殺人者寃罪をこうむった。 彼女の娘新永住やはり警察で罷免された。 全てのものを失った新永住はお父さんシンチャン号(カン・シニルの方)の汚名をはがすために全てのものを投げた。 そんなに新永住が捕まえたのがすぐにイ・ドンジュン(イ・サンユンの方)だ。 新永住はイ・ドンジュンを圧迫して自身の目的を成し遂げようと思う。 しかし少しずつ両者の感情が変化している。 的なのか、同志なのか分からない状況. 新永住はどうにか寃罪を晴らすことでお父さんを病気から守るために走って行っている。

▲絶壁下に落ちるのか、権力と手を握るだろうか。 岐路に立ったイ・ドンジュン(イ・サンユンの方)

良心的な判事イ・ドンジュンはただ一度の選択で権力の方に立つことになった。 このようなイ・ドンジュンの選択は新永住を奈落に落とした。 その時新永住がイ・ドンジュンに罠にはめた。 結局生き残るために、イ・ドンジュンは新永住と手を握らなければならなかった。 しかし自身により壊れた新永住、シンチャン号を見てイ・ドンジュンは変化している。 自身の誤りを戻したい心、それでも権力の手を離すことはできない状況. 良心と権力の中間、ここにまだ正体を表さなかったイ・ドンジュンの欲望がある。

▲内ことだと感じたことを取り戻してしまう、欲望でみな固く団結したおこし(カンジョン)である(クォン・ユルの方)

江亭日は太白(テベク)が、チェ・スヨン(パク・セヨンの方)が自身のことだと考えた。 しかし殺人事件にまきこまれたし、これによって自身のことだと堅く信じた二種類を全部奪われる状況に置かれた。 初めからただ一度も他人のことだと考えたことがない二種類だ。 どうにかチェ・スヨンと太白(テベク)を自身の手中に入れることが江亭日の欲望だ。

▲悲恋のジュリエット? 私のことを守るために皆を利用するチェ・スヨン(パク・セヨンの方)

コデロポムテベク代表の一人娘だが弁護士資格証もない。 全身を名品でぐるぐる閉じて通っても、彼女の心の中は卑俗な欲望でぎっしり埋まる。 彼女が抱いた欲望の中心におこし(カンジョン)ことがある。 チェ・スヨンは江亭日に太白(テベク)を与えたい。 おこし(カンジョン)である手についた血を消して、彼とともに太白(テベク)の頂点に立ちたい。 これがチェ・スヨンの欲望だ。

▲小作農の息子? 太白(テベク)を全て自身のことで作りたいチェ・イルファン(キム・ガプスの方)

国内最大ローファームの代表だが、カン・ユテク(キモンパ方)に彼は相変らず小作農の息子だ。 自身の娘チェ・スヨンとカン・ユテクの息子江亭日が結婚をすることになるならば、太白(テベク)は再びカン・ユテクの手中に入るだろう。 この時、江亭日が殺人事件にまきこまれた。 これを口実みなして江亭日を太白(テベク)で追い出さなければならない。 イ・ドンジュンを婿として、江亭日の手に太白(テベク)が移らなくすることがチェ・イルファンの欲望だ。

▲息子手についた血を消して、太白(テベク)を与えようと思うカン・ユテク(キモンパ方)

カン・ユテクにチェ・イルファンは友達だが、相変らず自身が働かせた小作農の息子だ。 太白(テベク)もチェ・イルファンことでなく、自身の息子江亭日に当然移らなければならない権力だ。 そうしている間息子が手に血を染めた。 法典だけ見た息子おこし(カンジョン)である手についた血をきれいに洗い落としてその手に再び太白(テベク)という巨大権力集団を与えること。 これがカン・ユテクの欲望だ。

このように自身の欲望に向かって競走馬のように走って行く人物がこまかく編集されて話を作り出すドラマが'耳打ち'だ。 これらの中果たして自身の欲望を成し遂げてしまう人物は誰であろうか。 これらの欲望が今後どのようにからまって、またよじれて劇をさらにコシが強くさせるのか成り行きが注目される。 '耳打ち'は毎週月、火曜日午後10時放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32312-2a8b5ab6

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR