'石造邸宅'コスXキム・ジュヒョクXパク・ソンウンX文盛瑾(ムン・ソングン)、ハリウッド顔負けの俳優たちの出会い[総合]

"ハリウッドの役者たちより韓国俳優たちがはるかに優れている。(笑)見ていると自然に胸がいっぱいで嬉しい。"

10日午前、ソウル狎鴎亭(アプクジョン)CGVで開かれた新作映画'石造邸宅殺人事件'の製作報告会で俳優の文盛瑾(ムン・ソングン)が韓国映画界について伝えた言葉だ。 急速に発展する我が国の映画産業と演技力を備えた後輩俳優の演技力、情熱を応援し、このような称賛を出した。

同日、'石造邸宅殺人事件'の製作発表会が行われて俳優の文盛瑾(ムン・ソングン)をはじめ、主演を引き受けたコス、キム・ジュヒョク、パク・ソンウンと監督金フィが出席した。 金監督は、先に映画'隣人'を作ったことがある。

'石造邸宅殺人事件'は運転手を殺害した容疑で京城最高の財力家が逮捕された中、証拠がない状況で熾烈な法廷攻防を広げる語だったミステリースリラー映画だ。

正体不明の運転手チェスンだけ役を演じたコスは"時代劇に入ると、その時代という考えをしようと努力する"、"美術チームと監督様が今度もっと多くの努力をしてくださって、没入することが容易だった。 チェスンマンという役割が魅力的に感じられて必ずしたかった"と出演理由を説明した。

京城の財力家ナムドジン駅のキム・ジュヒョクも"時代物をする度に衣装とセットのおかげで、本当にその時代に入ったようだ"、"微妙な感じがして、時代物がもっと面白いようだ"と出演きっかけを明らかにした。 そして、"'協力'ときもそうだったが、私は悪役という思いをしなかった"、自分が担当したキャラクターに対してそっと公開した。

事件を解消する弁護士役の文盛瑾(ムン・ソングン)は"既存の見た法廷水と違う。 血の磁石など法定のセットが異なり、見る楽しみがあるだろう"と期待を高めた。 これに対抗して有罪を立証しようとする検事役のパク・ソンウンも"2階で構成された法廷は初めて見た。 とても独特でも不思議だった"と撮影エピソードを伝えた。

続き、文盛瑾(ムン・ソングン)は"事実、ハリウッドが優れていると言うが、韓国のように優れた俳優たちがたむろするところは皆無だ"、"私が演技以外に他の分野(政治)に浮気をしたが、それなりに整理になったようだ。 これで、俳優活動により一層まい進する"は覚悟を伝えた。

この映画は解放直後、京城を背景にしている。 金フィ監督はこれに"韓国映画は1940年代の混乱期を描く。 当時、左右の理念対立が起き、世界列強が韓国に入って勢力争いを しなかった"と"時代と背景がもたらす映画的魅力があった"、映画に対する期待を高めた。

そして、金監督は"話がそれぞれ出発しが、後に絶妙に統合される"、"その過程をよく見ると、とても魅力を感じることができるだろう。 キャラクターたちの反転を見守ってみる楽しさがありそうだ"と話した。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2017   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32231-3f70e997

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR