'ヒムセた女ドボンスン'パク・ボヨン♥パク・ヒョンシク、衝撃反戦後、モンムンカップルの運命は

甘くていたモンムンカップルが大きな危機を迎えた。

7日に放送されたJTBC金土ドラマ'ヒムセた女ドボンスン'13回ではボンスン(パク・ボヨン分)が持っている特別な力のため葛藤を経験するボンスン、ミニョク(パク・ヒョンシク)の姿と倒れたボンスンを抱いて号泣するミニョクの姿が電波に乗って、視聴者たちの悲しみを呼んでいる。

リードしてボンスンは親友ギョンシム(パクボミ)が女性連続誘拐事件の犯人チャンヒョン(バラ冠)に拉致された後、ギョンシムを求めるには、必ず一人で自分を探して来いという脅迫が盛り込まれた動画を受けてミニョクを受け取った状況。ミニョクは助けてほしいというボンスンを"どうか何でも一人でしようとしないで"という言葉で慰めて安心させた。

いくら男たちも無策でやられるしかない怪力をもっていても、ボンスンはミニョクエゲマンクムウンただ、守ってあげたい恋人であるだけだった。 ボンスンが心配されたミニョクは危険を冒して一人でチャンヒョンと対決しようとするボンスンを守ろうと努力した。 チャンヒョンの地下の密室を見つけて、警察であるグクドゥ(指数)に支援を要請したりもした。

ミニョクはチャンヒョンの廃車場地下の密室位置を知るのに成功するがボンスンが先に廃車場に行っていることを確認し、憤慨した。 結局、ボンスンは、被害女性3人を劇的に救出しており、遅れて到着したミンヒョクは"私、君に何か"と怒った。

ミニョクはボンスンが他の人たちと違うということをよく知ってますが一人でチャンヒョンを相手にするというボンスンが不安して死にそうだと自分の心情を打ち明けたが、ボンスンは拳を握り締めて"私たちいけません。 私に恋愛はぜいたくなようです。 私はこのようにそのまま怪物で買いますから、弊社の社長は元々住んでいたように楽に暮らしています。 どうせ私たちは似合いもせずです"と別れを宣言するに至った。 これにミンヒョクは"私が君を及ぼすことに好きだから君は私がとても簡単なの?"と怒りをぶちまけた。

最悪の状況に至った二人。 大きく争ったが、お互いを向けた心は熱かった。 続いた二人の独白は、悲しさを増した。 ボンスンは"私も普通の人のように生きたいです。 しかし、そのように生きることができません"と、ミンヒョクは"私は私が愛する人二度と失いたくない"と独り言を言った。 さらに、ボンスンは"私のそばにいると、弊社の社長が危なくなります"と、ミンヒョクは"ただ私のそばにいてくれないか?"と本音を露呈し、切ない心の対話を交わした。

以降ミニョクは食事も欠かすボンスンに自分が間違ったと謝罪した。 空いた机にボンスンが好きな火の鶏の足を持ってきた後、"君が何をしてお前が何を考えても私の心は変わらない。"というメモを残した。

その時刻ボンスンはチャンヒョンの連絡を受けて一人で工事場に向かったが、危険にさらされている。 罪を犯していない彼を傷つけた場合、力が消えるというジンクスを知ったジャンヒョンの計略で力を失ってしまったのだ。そしてチャンヒョンの前でかすかに倒れた。

ミニョクはまた、一人でチャンヒョンを相手にしようと間ボンスンためにはそわそわして落ち着かなかった。 ボンスンの位置を確認して飛んで来たミニョクは激しい揉み合いの末にチャンヒョンを制圧した。 ミニョクの支援要請連絡を受けて現場に到着したグクドゥヌン逃走しようとするチャンヒョンに銃を向けた。 結局、ボンスンは意識を失って倒れた。 ミニョクはそんなボンスンを抱えて嗚咽し、悲しさを誘った。

このように一時間、組んだ私が爆発した二人。 後に公開された14回予告では力を失ったようなボンスンと、平凡な恋人のように、また甘やかになるモンムンカップルの姿が盛り込まれて疑問を増幅させる。 8日午後11時放送。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32200-6999b138

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR