コンユ・ナムグン・ミン・パクボゴム、5月、百想芸術大賞最優秀演技激突[公式]

コンユ・ナムグン・ミン・パクボゴム、5月、百想芸術大賞最優秀演技激突[公式]

第53回百想芸術大賞が5月3日に行われている。

TVと映画部門横断的な国内唯一の授賞式百想芸術大賞が5月3日午後5時、ソウル江南区のコエックスDホールで開催される。

今年、百想芸術大賞はTVとの映画共に審査委員を従来の5人の中で2人を増やした7人で構成した。 より多くの意見と声を聞いて公正に審査をするためだ。 先月30日と31日の両日間のTVと映画候補を選定する審査が行われており、各部門別候補が決定された。 TVや映画作品賞にはPD・監督・製作会社代表など業界の従事者54人で構成された'予備候補アンケート団'が選んだ作品賞トップ10のうち、7人審査委員が公正な審査で選抜した候補作だ。

TV部門は作品性と大衆性すべてを捕った完成度の高い候補作が並んでいる。

ドラマ作品賞はMBC'W'KBS 2TV'クルミ描いた月の光'SBS'浪漫ドクターキム師父'tvN'鬼'tvN'ディアマイフレンズ'が最終候補に上がった。

芸能作品賞部門はMBC'私一人で住んでいる'・SBS'憎い我が子'・Mnet'諸見ザ・マネー'・JTBC'知っているお兄さん'・JTBC'ファントム・シンガー'などシングル・ライフリアリティと観察バラエティ、ヒップホップ・重唱オーディションなどさまざまなコンテンツが愛された。

教養部門は政治とあいまって人気を集めたJTBC'ソルチョン'からペクチュオルドラマKBS 1TV'文禄・慶長の役1592'とマンガに関心を受けているSBS'それが知りたい'ベクナムキ農民死亡事件の真実が候補に上がった。

最優秀演技賞部門はだれが受けても異見がないほど優れている。 特に、男子部門はなおさらだ。 シンドローム級の人気を集めたコンユ(tvN'鬼')とナムグン・ミン(KBS 2TV'金課長')は昨年に続き、2年連続ノミネートされた。 'の李栄(イ・ヨン悩ま'の主人公パクボゴム(KBS 2TV'クルミ描いた月の光')ワンマンショーに近い演技を見せてくれたコックピット(SBS'嫉妬の化身')昨年の演技大賞の主人公韓石圭(SBS'浪漫ドクターキム師父')が競合する。 最優秀演技賞女子部門はキム・ゴウン(tvN'鬼')・金ハヌル(KBS 2TV'空港に行く道')・パク・ボヨン(JTBC'ヒムセた女ドボンスン')・パク・シネ(SBS'ドクターズ')・ソ・ヒョンジン(tvN'また、オヘヨン')が上がり、今年の'百想(ペクサン)クイーン'席を欲しがっている。

生涯一度だけだからいつも激しかった新人賞の候補は今年も同じだ。 共鳴(tvN'ホンスル男女')・金ミンソク(SBS'ドクターズ')・金ミンジェ(SBS'浪漫ドクターキム師父')・指数(JTBC'ヒムセた女ドボンスン')・陣営(KBS 2TV'クルミ描いた月の光')この男新人賞候補に上がった。 女性はカン・ハンナ(SBS'月の恋人-ボボギョンシム麗')・コンスンヨン(KBS 2TV'マスター-うどんの神')・七(tvN'グッド・ワイフ')・ミナ(SBS'美女空心が')・李セヨン(KBS 2TV'月桂樹洋服店紳士')が名を連ねた。

映画部門も優れている。 ヒット作から海外、評論家の絶賛を受けた映画、観客動員で少し残念だったが、作品性を高く評価された映画など多様な作品が候補に上がった。 作品賞候補は'谷城'・'密偵'・'釜山行き'・'娘'・'阿修羅'だ。 作品賞候補は、演出だけでなく、堅実なストーリーラインで高い評価を受けて監督賞またはシナリオ上に複数の候補になった。

監督賞候補は'谷城'のナ・ホンジン監督・'密偵'のキム・ジウン監督・'娘'の朴贊郁(パク・チャンウク)監督・'阿修羅'のキム・ソンス監督・'夜の海辺で一人で'の洪尚秀(ホン・サンス)監督など五名だ。 自分だけの確固たる演出スタイルを持った監督たちが名を連ねた。 新人監督賞候補は'犯罪の女王'のイヨソプ監督・'釜山行き'のヨンサンホ監督・'シングルライダー'の李柱栄(イ・ジュヨン)監督・'臭いラブストーリー'の李賢珠(イ・ヒョンジュ)監督・'私たち'のユン・ガウン監督だ。 すでに忠武路(チュンムロ)では認められて注目度が高い監督だ。 シナリオ賞も優劣を比べにくい。 '谷城'・'密偵'・'娘'・'阿修羅'・'私たち'李候補だ。

演技賞部門も、激しい競合が予想される。 最優秀演技賞、男子部門にはクァク・ドウォン(谷城)・宋岡鎬(ソン・ガンホ、密偵)、ユ・ヘジン(ラッキー)・李ビョンホン(マスター)、ハ・ジョンウ(トンネル)がノミネートされた。 最優秀演技賞女子部門にはキム・ミニ(娘)・金ヘスさよならシングル)・ソン・イェジン(德惠翁主)・尹汝貞(殺し女)・ハンイェリ(最悪の一日)が受賞をめぐって競合を繰り広げる。 代替不可能な演技を披露した俳優たちの対決と受賞を判断しにくい。 この1年間観客に大きな感動を与えた俳優だ。

助演賞も、最強の候補群を誇る。 キムウィソン(釜山行き)・マドンソク(釜山行き)・ベソンウ(ザ・キング)・オムテク(密偵)・チョジンウン(娘)・キム・ソジン(ザ・キング)・ラミラン(德惠翁主)・ペ・ドゥナ(トンネル)・チョン・ウヒ(谷城)・ハン・ジミン(密偵)など計10人の候補がそれぞれ男女助演賞候補になった。 だれが受けても認めざるを得ないほど、候補顔ぶれがすごい。

新人演技賞はパワールーキーと端役から内攻を取得した俳優たちの対決構図だ。 新人演技賞は、デビュー年度と関係なくジュチョヨン級キャラクターを三作品以下した場合、候補に該当される。 こうした理由にリュジュンヨル・チ・チャンウク・ハンジェヨン・キムフヮンヒなど、すでに顔を知られる俳優たちも新人演技賞候補に名を連ねた。 新人演技賞、男女最終候補はドギョンス(兄)・リュジュンヨル(ザ・キング)・ウドフヮン(マスター)・チ・チャンウク(操作された都市)・ハンジェヨン(再審)・キムテリ(娘)・キムフヮンヒ(谷城)・ユナ(空調)・李相熹(イ・サンヒ)(恋愛物語)・チェスイン(私たち)だ。

今年、百想芸術大賞は大衆文化を愛する、観客と作品の意味を振り返って昨年に続き、再び映画部門作品賞GV(Guest View・観客との対話)を用意した。 有名コラムニストと評論家たちが進行を務めて作品賞候補に上がった5本の映画について、観客らと自由に対話を交わす予定だ。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2017   0 comments   0 trackback
Category :受賞

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32192-f9314864

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR