パク・ミニョン・ヨンウジン・イ・ドンゴン、‘7日の王妃’出演確定

984703.jpg
俳優パク・ミニョン、ヨンウジン、イ・ドンゴンがKBS2新しい樹木ロマンス史劇‘7日の王妃’出演を確定した。

‘7日の王妃’はただ7日、朝鮮歴史上最も短い時間の間王妃の席に座って肺雨なった悲運の女性端境王侯シンさんを囲んだチュンジョンと演算のラブストーリーを描いたロマンス史劇だ。 延山郡(ヨンサングン)の暴政とチュンジョン反正という巨大な歴史的旋風の中でさえぎられた愛の物語を含んでいる。 生きているキャラクターと切ないメローラインが引き立って見える台本、イ・ジョンソプ監督の流麗な演出が会って、また、一度テレビ劇場史劇症候群を予告している。

新しく合流を確定したイ・ドンゴンは‘7日の王妃’を通じて強烈な演技変身を予告する。 多くの人々が‘延山郡(ヨンサングン)’で記憶する朝鮮の10代王‘イユング’役を担ったこと。 劇中‘イユング’は万人の上一国の君主に生まれて皆を自身の足の下に置いたが、愛する女性の心だけは持つことができなかった悲しい王に描かれる。 前作で見せてくれた正しいジェントルマンとは180度反転するイメージということができる。 イ・ドンゴンは硬い演技力にいらいらする愛と執着、狂気などを幅が広く描き出すと期待される。

ヨンウジンは劇中朝鮮の王制‘二役’でくやしい。 ‘二役’は朝鮮の10代王‘イユング(イ・ドンゴンの方)’の異母兄弟. 何もしてはいけない王制の身分に生まれて静まって生きなければならなかったが、世の中のために何でもしたかった熱血大軍だ。 歴史的に兄である延山郡(ヨンサングン)を追い出して王座に座ったチュンジョンがすぐに‘7日の王妃’中二役だ。 ヨンウジンは‘7日の王妃’の中心で、熱い愛と非常に冷たい権力という相反した二種類の嵐を導いていく‘二役’という人物を通じて男性的なカリスマでもう一度女性視聴者たちの心を盗むと期待される。

最後にこの二つの男の愛を同時に受ける女性であり、7日間王妃の席に上がった端境王侯シンさん‘神采頃’役を担ったパク・ミニョンが久しぶりに史劇に戻る。 目的なしで純粋な愛を夢見るが最高権力者の娘で自身の意と関係なく最も政治的な愛しなければならなかった悲運の女性だ。

貴族お嬢さんにふさわしくなくとんでもなくて明るかった女性が二役(ヨンウジンの方),イユング(イ・ドンゴンの方)二兄弟間‘愛’という熱い火だるまになる劇の展開の中でパク・ミニョン特有の愛らしいということと深い感情演技が光を放つ予定だ。 特にパク・ミニョンは‘光栄の才人’、‘ヒーラー’に続きもう一度イ・ジョンソプ監督と再会して、期待感を加えている。

パク・ミニョンヨンウジンイ・ドンゴン三人の俳優が描いていく切なくて熱いラブストーリー‘7日の王妃’は‘快刀ホン・ギルドン’、‘製パン王キム・タック’、‘ヒーラー’、‘町内弁護士組野原号’を演出したイ・ジョンソプPDとチェ・ジンヨン作家が意気投合したドラマだ。 KBS水木ドラマ‘推理の女王’後続に放送される。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32162-dc03f4cb

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR