'耳打ち'イ・サンユン、感情演技で完成した反転キャラクター

984716.jpg
俳優イ・サンユンが反転あふれるキャラクターを豊富な感情船で表現やり遂げて、ドラマのモール入道を高めた。

4日放送されたSBS月火ドラマ'耳打ち'(脚本パク・ギョンス演出イ・ミョンウ)ではイ・ドンジュン(イ・サンユンの方)がおこし(カンジョン)である(クォン・ユルの方)を脅迫する姿が描かれた。

イ・サンユンはイ・ドンジュン役割を受け持って複雑な心境をいらだっている表情で延期して劇のモール入道を高めた。 イ・サンユンは60分ずっと多様な感情を自由自在に行き来する演技を見せた。

この日公判で白象区(キム・レハの方)を会ったイ・ドンジュンは"あなた口が開かれなければ次の公判で証人の口が開かれるでしょう"と脅迫して悪魔の目つきを延期して見る人の視線を引き付けた。 また、イ・ドンジュンは白象区に"誰も信じずに、自らを弁護してください。 私のように"と圧迫する場面では相手をばかにする目つきを表現する熱演で感心をかもし出した。

その他にもイ・ドンジュンはチェ・スヨンを通じて江亭日を脅迫する過程で断固たる語調が混ざった物静かな口調でドラマの緊張感をより高めた。 また、イ・ドンジュンが江亭日に"生かしてくれと言って、でなければお別れ挨拶をしたのか"という大使では怒りがのせられた声が含んでいてテレビ劇場を静まるようにした。

劇序盤イ・ドンジュンは略字の話に耳を傾けることができる正しい判事の姿だった。 イ・サンユンはますます変貌するイ・ドンジュンが持った反転キャラクターを自分だけの延期(煙、演技)内面空白で劇に溶かして出した。

劇の展開とともにイ・サンユンが'耳打ち'を通じてどんな魅力を広げるかも観戦ポイントになっている。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32142-c5eec254

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR