FC2ブログ

ユチョンの実力


うまく成長を遂げたんですね。これからも進化し続けて。

※JYJのメンバー兼俳優としても活動しているユチョン が、壊れる時を知る役者としてしっかりと成長した 姿を見せている。

ユチョンは、現在MBC水木ドラマ「会いたい」で、 幼い時代の初恋を守れなかったという傷を抱いて過 ごしているハン・ジョンウ役を演じている。

ジョンウは、明るく天然なところもあるが、初恋相 手イ・スヨン(ユン・ウネ)を探すために水火も辞さ ないタフな魅力の持ち主だ。そのため、ユチョンは 今回のドラマで突然叫んだり、スヨンを思い出して はすぐに涙を流すジェットコースターに乗るような 演技をしている。

彼は、感情の起伏が激しい役柄を演じるため、やや すると劇中の人物と溶け込まない印象を残す弱点 を、もっぱら演技力でカバーした。凄絶に壊れる時 は壊れて、感情が表れるシーンでは凝縮した感情を 爆発させ、図々しい表情が必要な時は力を抜くな ど、感情の変化に卓越した能力を示している。

つまり、力加減を知り、パワフルな一発を飛ばす時 を知っているほど、役柄への没入度が優れていると いうことだ。ここに後先考えずに演技にすべてを投 じる、例えば、ものすごいスピードの台詞を言って 唾が飛んでも、役柄に集中して多少表情が格好良く なくても黙々と自身の演技を披露している点が、こ れまでの作品から一層成長した俳優ユチョンの今回 のドラマ成績表だ。

アイドル出身の俳優が一番失敗することの一つが、 ステージ上の格好いいカリスマ性をお茶の間でもそ のまま再現しようとすることだ。しかし、2010年 KBS 2TV「トキメキ☆成均館スキャンダル」で演技 に正式デビューして以来、MBC「ミス・リプリー」 (2011)、SBS「屋根部屋のプリンス」(2012)を経た彼 は、いつの間にか自身の魅力よりは役柄や劇の方向 性により気を使う俳優となった。

今ユチョンは「会いたい」で視聴者が見ても脱力す るように、毎回感情を凝縮して一気に爆発させる演 技をこなしている。おかげで、傷を隠して初恋スヨ ンを探しまわるジョンウという人物は、まだ7話を迎 えただけだが視聴者の心の中に大きく印象付けられ た。

「会いたい」は、韓国で28日放送された第7話で、 スヨンが幼い時代に性的暴行を受けた自身を捨てて 去ったジョンウを傷つけるために意図的に接近し、 本格的なかくれんぼのような恋物語が始まった。同 時に、俳優ユチョンに対するお茶の間の切ない恋も 幕を開けた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2012   0 comments   0 trackback
Category :会いたい

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/3210-98a130c6

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR