俳優イジュンギと園芸人が芸能をロマンチックコメディーに仕上げた。

この1日放送したtvN'私の耳にキャンディ2'には紅参が李ジュンギやバニーバニーバクミンヨンの最後の通話が電波に乗った。

李ジュンギやバクミンヨンはそれぞれフィレンツェとベネチアで、通貨に乗り出した。 似た部分が多い'キャンディー'踏み入れるに彼らは、互いに優しくてロマンチックな対話を続けることができた。 お互いに料理をしてお酒を添え、酒に酔って本音を続け、きれいなところがあれば見せてくれるために写真を撮って映像通話をかけた。

最後に通話を控えて李ジュンギは直接ベネチアにが自身のキャンデーを会うことに決心した。 しかし、パク・ミンヨンとの通話ではベネチアに行くために努力したが、チケットを救うことはできないと語り、自分のベネチア行を秘密にした。 ベネチアに到着した李ジュンギはバクミンヨンが送ってくれた写真の中の空間を訪れ、その場所でパク・ミニョンに電話をかけた。 二人はお互いに通話がどれほどヒーリングの時間になったもか話をしながら通話終了を控えた。

通話を終える直前、李ジュンギは"ミンヨン、幸せして"という言葉を取り出し、自分のキャンディが誰なのか気づいたことを如実に示した。 パク・ミニョンは驚いて、言葉を続けることができなかった。 李ジュンギは"とても見たいた"、10年ぶりにまともな対話を交わすことになったパク・ミニョンに向かって暖かい応援と激励を送った。 パク・ミニョンは涙を見せたり。

以後、李ジュンギやバクミンヨンは映画のようにベネチアで再会した。 ティーザー撮影中だったパク・ミニョンの目の前に、イジュンギと園芸人が現れ、予想しなかった彼の登場にパク・ミニョンはまた、一度驚いた様子だった。 二人のロマンチック・コメディーのような再会の現場はオンラインを上下させようにした。 淡白ながらも、真心のこもった李ジュンギの言葉は、大きな反響を返してきた。

同日、李ジュンギは自分に主にヒーロー物提案だけ入ってくると言って、ロマンチックコメディー提案がなくて残念だと打ち明けた。 しかし、彼は'私の耳にキャンディ2'を通じて自分がどれほどロマンチックコメディー、メロに適合したか見せてくれた。 女心を揺さぶる法を確実に知っていた。
スポンサーサイト
Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2017   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32096-5ede3a16

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR