FC2ブログ

バッシングされた過去


兵役逃避議論の渦中に置かれた日々がありました。
潔白が認められて良かったです。

※者] 去 る 2010年, タレント Aさんが兵役非理疑 惑に包まれたという消息がブラウン管内 外を熱く焼いた. 当時報道では '国民年下 の男で有名な'という表現で決定的なヒン トを提供したし後続記事たちはイニシャ ルではない実名に壁貼りされた.

人々の叱咤が零れ落ちたし迫害陣は解明 に出た. しかし大衆は耳を傾けなかった. 真実が分かるために労力するより知られ た内容を真実で信じること忙しかった. 迫 害陣が汚名を脱ぐ間いつのまにか 3年とい う時間が経った.

また会った迫害陣はずっと堅くて堅固に なった姿だった. これからは笑いながら過 去を言及するほどいっそう余裕のあられ た.

◆ 3年空白期? 空白がなかったです

国内ブラウン管で活動が遠のいた迫害陣 が中国·日本列島を振って来た.

迫害陣は中国で 1年ぶりに 'また他の燦爛 たる人生' 'チェンドオドオの結婚するこ と' '獅子座を愛する'剥けよう作品の単独 主演を引き受けながら視聴率保証小切手 で生まれかわったし広告などを通じて女 心攻略に成功した. 先立って一媒体は迫害 陣の中国ファンクラブが 250万人に迫る と伝えたりした.

日本では 2枚のアルバムリリースと 4番 (回)のコンサートを開いたしドラマ OSTに も参加した. '韓国で歌手するつもりがない か'と問おう "大変な事になる"とソンサレ を打った.

"日本や中国は芸能人が万能エンターテイ ナーになるように志向するシステムだ. と ころで韓国はそうではない. 冷情な国だ. 歌実力の抜群な俳優が OSTは歌っても直 接的な歌手活動をするのではないじゃな いか. 海外で歌手活動は必要によってした と思えば良い."

この日迫害陣は韓国での論難を避けて海 外活動を選択したことは絶対ないと言い 切った. 彼は空中波復帰過程に対して一つ 一つ明らかにしながら誤解してくれと言 わずに頼んだ.

"実は確認を一番(回)だけして見たら良い だろう. どれで始めてどんなに展開されて 仕上げになったのか, 事実を調べてくだ さったらと思う心だ. その方たちの言うこ とはまったく同じだ. '論難のため韓国では 活動できないから海外に出た後時間が 経って帰って来たな'. 事実は '韓国で論難 があった' までだ. この事がすべて整理さ れた後良い機会が来て海外活動を始めた. またすべての事がよく解決されたから他 の放送局でもない公営放送 KBSで復帰し たのだ."

◆ 大衆の熱い視線, 甘受すると

論難はおさまったがすべて洗わせて下 がったのではない. しかし事実ではない言 葉にこれ以上搖れて傷つかないようにす る. 3年が経った今彼の姿がそうだった.

"まだ人多い所は嫌いだ. 芸能人なのでで はなく個人的な性向は元々そうだ. 注目さ れる職業を持っていないかと聞き返すが 芸能界仕事は言葉とおりビジネスだ. 今ま でも対人忌避症は残っている. 人多い所へ 行けば息がぐっぐっと支える気持ちだ."

うわさはとにかく迫害陣は芸能人になる 私は 2004年精神分裂症で軍免除を受けた. 論難があった当時迫害陣は弁護士を通じ て病院診療記録書まで公開するなど積極 的な対応に出たし警察は内査に取り掛 かった. 以後迫害陣は兵役非理疑惑で解放 されたが一部ではまだ色眼鏡を脱いでい ない.

彼は "色眼鏡にかけて見始めればまだ恐ろ しい. ある方法でも私の言葉が受け入れら れない"と "事実を信じたがるのも, また事 実だと言っても信じない. まだまでも私に 'それで'と言う人々を理解させることはで きない. 熱い視線もアンゴがはする. 受け 入れて甘受しなければならない部分"と平 気に言った.

といえども一方をもっては幸いだと言う. "いつかは出る話だった. 兵役非理疑惑も そうだったし, ホストから真書 (私に対す る) 多いルーマーがあらアンか. 荷札のよ うに付きまとったものなどが一番(回)に解 決された感じだ. もちろんその時はとても 痛くて大変だったが今と思えばよくでき た事であってたい."
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2012   0 comments   0 trackback
Category :兵役

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/3207-7e88b024

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR