FC2ブログ

‘キム・ミニ、ソ・インヨン、シン・ジョンファン キム・ヒョンジュン’再起、可能でしょうか?

984727.jpg

芸能人心配が世の中で最もつまらないことであってもふと元気に暮らしているのか、いつ頃また見られるか気になる芸能人がいる。 各種論議と事件で驚きを、失望感を、背信を抱かせながらも視聴者として共にしたその時期が懐かしくなる愛憎のスター. まだ顔見ること不便だがそれでも再起は可能なのか、私のように待つ人はないのか忘れる価値はあれば浮び上がる彼らを整理してみた。

△キム・ミニ1982年3月1日どうなろうが映画のような人生
2016年はキム・ミニに最高の一年だったのだろうか、最悪の一年だったのだろうか。 映画‘お嬢さん’でカンヌ映画祭のレッドカーペットまで踏んだ彼女が致命的なスキャンダルの主人公になった。 映画‘チグムンマッコグテヌントゥルリだ’で縁を結んだホン・サンス監督との不適切なスキャンダル. 彼女に必要なことは復帰も自粛でもない。 生い茂った悪リプライと否定的な記事中でも着実にホン・サンス監督と作品を出しているキム・ミニには再起という単語さえ似合わないとみられる。 新作‘夜の浜辺で一人で’で第67回ベルリン国際映画祭でウン熊上(主演女優賞)まで手に握った彼女. ‘お嬢さん’で合った俳優の転換点でもしかしたらキム・ミニは着実に発展して跳躍するところなのかも分からない。 キム・ミニはホン・サンス監督と国内言論試写会で公開的に熱愛を認めてもう一度皆をびっくり驚かせたが相変らず大衆の反応は非常に冷たい。 キム・ミニという名前三文字にも刃が鋭くなった非難があふれるのに彼女は今後どんな女優に新たに出ることになろうか。 どうなろうが彼女の人生が映画のようなもの間違いない。 どんな映画になるかはもう少し見守らなければならないが。
▲一行評どんなのが合って、どんなのが間違ったのですか?

△ソ・インヨン1984年9月3日本当に強い姉さん
ガールグループ ジュエリーでデビューしてMBC ‘私たち結婚しました’(右きめ)でクラウン ジェイと蟻カップルで第2の全盛期を享受したソ・インヨン. JTBC ‘あなたと共にシーズン2-最高の愛’で第3の全盛期を狙ったが悪口論議と共に下車して跳躍はみじめに幕を下ろした。 海外撮影に行ったスタッフの暴露とともに信じ難いほど無礼な暴言映像が公開されたこと。 その間積もった強い姉さんイメージのためなのか大衆やはり背信よりはさく烈することがさく烈したという反応だ。 特に論議がおきる前MBC ‘ラジオスター’に出演すると見せてくれた佳人との気力の戦いは今回の論議に油をぶっかけた格になった。 “先後輩関係で礼儀を重要だと考える”として‘ラジオスター’放送後SNSを通じて主張した言動不一致文は自らにふとんキックまで召還させなかったのだろうか。 ぼんやり思い出す‘右きめ’の一場面. 艶がなくて横柄するばかりだったソ・インヨンがクラウン第二義お母さんに会って清清しくて愛らしく行動した反転魅力を記憶するのか。 そのような姿が強くみえるばかりだったソ・インヨンの見た姿だと信じた視聴者は果たしてイメージ メーキングにだまされたようだ。 長時間ソ・インヨンを見て育った視聴者の立場で今回の論議は真に惜しくてまた惜しい。 しっかりしていて自信あふれる姿が魅力だった彼女に再起の機会はいつ頃訪ねてこようか?
▲一行評Baby,One more time?

△ティアラ(T-ARA)やりがい、遅延、ヒョミン、恩情、キューリ(リーダー),小宴君のために及ぼして
別名‘ティアラいじめ説’で大衆に大々的な嫌われたグループ ティアラ. メンバーファヨンの脱退とともにSNS狙撃文が話題を集めて当時ファヨンの脱退理由がグループ内‘いじめ’ためでないかという意見が入り乱れていた。 ネチズン捜査隊の推測は色々な映像と後期で力を得て既定事実化されたし両側みな気がせいせいして明確な解明なしで事件は一段落した。 だが、最近ティアラ スタッフの暴露でファヨンが単純な被害者ではないとの文が広がって貸し切り逆転して話題になっている状態. いったい真実は何だろうか。 今回の暴露を契機にティアラは過去の名声を取り戻すことができるだろうか。 連打席ヒット曲ホームランを飛ばして常勝疾走した頂上で予想できない事件で5年間静まって過ごしたティアラ. 今年前半期カムバックを控えて名誉回復ができるのか皆が見守って期待している。 復古コンセプトとおもしろい歌詞で一時を風靡したガールグループとかもう一度頂上で輝くのを期待してみる。
▲一行評今重要なことは何?名誉回復に対する意志!

△シン・ジョンファン1975年5月10日賭博よりデング熱
コメディアンよりさらにギャグ感が卓越した歌手シン・ジョンファン. グループ ルーラでデビューしてタク・ジェフンとカンチュリココで大きな愛を受けたシン・ジョンファンが賭博借金でフィリピンに抑留されたというニュースを通じてまないたの上に上がった。 引き続き賭博よりあきれるデング熱事件で最後の信頼まで押し倒した彼は2010年以後7年目放送で姿を隠した。 当分放送復帰よりシンガポールでアイスクリーム店を運営して自粛の期間を有しているというシン・ジョンファン. たまに固定出演した‘ラジオスター’を通じてモザイクなった形状とイニシャルSで記憶の一こまを継続しているけれど相変らず大衆の反応は冷たいだけだ。 ‘ラジオスター’に空席ができるたびに‘ひょっとして’と期待をかけるのは見当お粥しても憎くなく視聴者たちを笑わせていた彼のギャグ感のためであろう。 事実賭博よりデング熱が大きかった。 賭博問題一つだったら緋文字のような荷札はつくだろうが一定期間自粛をして再び成功裏に復帰をしたかも分らないはず。 法律違反行為より視聴者たちの信頼を破ることが芸能人としてどれくらいさらに凄惨な悲劇を迎えることになるのか多くの芸能人に手本(?)になっている彼に再び愉快な笑いを受けることができるか気になる。
▲一行評S.Papaが孤独に見えるでしょう。

△パク春1984年3月24日の名前のように春の日が来ることを
2006年当時最高のスターであったイ・ヒョリとエニーコール ミュージックドラマ‘アニメスター’で与信(女神)美貌を自慢したパク春. 以後2NE1のメイン ボーカルでデビューして数多くのヒット曲を残して頂上の席に上がったのは本当にわずかの間だった。 容貌も容貌だが優れた歌唱力と独特の声はパク春を一躍スターダムにのせること充分だった。 独特のファッション感覚と果敢だったスタイルそしてMnet ‘2NE1 TV LIVE:WORLDWIDE’と芸能SBS ‘ルームメート’を通し見せてくれたとんでもない魅力は国内だけでなく全世界的に多様なファン層を確保するようにさせた。 そのような彼女が取り返しがつかない途方もない事件にまきこまれることになった。 アイドルとしては致命打である麻薬密輸事件にかかわったこと。 以後所属会社を通じて解明もして反省の姿も照らしたがイメージは簡単に戻すのが難しく見える。 ‘2015エムネット アジアン ミュージック オウォーズ’に久しぶりに顔を見せて大衆の反応を調べたパク春. 相変わらず悪リプライ洗礼と非難世論に確実に他の活動を継続できないように見える。 彼女の才能が惜しいからか。 でなければ彼女に送る愛憎の表現であろうか。 パク春がSNSに上げる写真と近況は相変らず一つ一つがリアルタイム検索語行だ。 活発なSNS活動でファンたちと相変らず疎通しているパク春. 歩みで見れば再起は遠くなく見える。 果たして大衆の返事は?
▲一行評そのままが美しいです。

△キム・ヒョンジュン1986年6月6日風と白い布だけあればどこでも行くことができて
アイドルSS501の最高ビジュアル メンバーでありKBS2 ‘花より男’ユン・ジフの役割で国内だけでなく海外まで頂上の席に上がったキム・ヒョンジュン. SS501以後キーイーストで所属会社まで移して俳優としての位置づけを丈夫に固めていった彼がKBS2 ‘感激時代:投身の誕生’以後最悪のスキャンダルに包まれた。 ガールフレンドとの暴力、堕胎および出産論議をひきつづきさく烈させてある間演芸面をいっぱい満たしたこと。 以後軍入隊を通じて静かに自粛期間を持ってきたし全域と同時にファンたちに会って再起を準備している。 大衆の前に出るにはまだ多くの準備と自信が必要だが除隊後の姿は再起に拍車を加えていると分析しても科しなかった状況. “風と白い布だけあればどこでも行くことができて”としてマンチンナム ビジュアルで女性視聴者たちの心を聞いて置いてした以前の高級陣イメージを探すことは力不足かもしれないが、法で堂々と是非を分けて過去の光栄を再現することができるだろうか。 スキャンダルというには致命的だったキム・ヒョンジュンの私生活暴露戦. 再び素敵な俳優のイメージでメーキングするには少なくない時間がかかることは明らかに見える。
▲一行評愛本当に難しい。

△ユン・ウネ1984年10月3日偶然というにはあまりにも深刻だったところで
ベビーVOXでデビューして女優で派手な全盛期第2幕を上げたユン・ウネ. 容貌、演技力全部離れて本当に浮かび上がりたいならユン・ウネの‘作品選択力を習いなさい’という話のように出演する作品ごとにピピーっと浮かび上がってしまった彼女だったがこの頃はまったく痕跡をなくした。 MBC ‘宮’からMBC ‘コーヒープリンス1号店’そしてKBS2 ‘未来の選択’まで。 しばらく俳優としてユン・ウネの歩みはよどみなく見えた。 SBS ‘X一番日曜日が良い’でキム・ジョングクと“当然だろう”を叫んでいた‘少女天下壮士’のイメージを完全に脱いで出した彼女がいったいどこに消えたことだろうか。 ユン・ウネは2015年中国ファッション芸能プログラムである‘与信(女神)のファッション シーズン2’に固定出演してデザイナーとともに衣装デザインに直接参加した。 問題はユン・ウネが当時放送にリリースした衣装が国内デザイナーの衣装を盗作したことひたすら非常に似たという点。 ユン・ウネがこのように大きい非難を受けるには盗作論議だけでなく長時間‘私知らないと’で一貫した不通対応法かもしれない。 その年話ユン・ウネはある行事場所で短いけれど謝罪の話を伝えたが‘遅れたと前年と~’として大衆は相変らず不満を表わした。 絶対消して出しにくいと思った‘少女天下壮士’イメージもボーイッシュな魅力の‘コーヒープリンス1号店’コ・ウンチャンで勝ち抜いたユン・ウネであるからまた、どんな作品が彼女を救出するのか期待してみる。
▲一行評真正性ある謝罪?当然だろう!
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2017   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32066-db664eb6

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR