FC2ブログ

‘キム課長’ナム・グンミン、一度擬人は最後まで擬人…核糸だエンディング

984732.jpg
ナム・グンミンがパク・ヨンギュを懲らしめて気がせいせいしたエンディングをプレゼントした。

30日午後放送されたKBS2水木ドラマ‘キム課長(脚本パク・ジェボム、演出イ・ジェフン、チェ・ユンソク)’ではパク・ヒョンド(パク・ヨンギュの方)を懲らしめたキム・ソンニョン(ナム・グンミンの方)とソユル(俊豪方)の姿が描かれた。

キム・ソンニョンとソユルはパク・ヒョンドが席にいないという便りに空港で車を回した。 パク・ヒョンドは二人の予想通り海外で逃走しようとしたし、キム・ソンニョンは空港放送を通じてパク・ヒョンドを公開手配した。 パク・ヒョンドは体を隠してゲートを通過するところだったがおりしも押しかけたキム・ソンニョン、ソユル、ハン・ドンフン(正門性の方)に逮捕された。

パク・ヒョンドは逮捕されたのに堂々としていた。 罪がないということ。 すべての疑惑をチョ・ミニョン(叙情研の方)にひっくり返してかぶせた。 彼は拘置所に移っている間記者たちに向かって“民主主義検察でない。 自白を強要している”と大声を張り上げた。 拘置所でもパク・ヒョンドは長幼では(イ・イルファの方)にTQグループの不渡りを私財で止めるから疑惑を脱ぐようにしてほしいと提案したし、チョ・ミニョンにも自身の罪を代わりに担ってほしいと提案した。

TQグループはパク・ヒョンド事件で連鎖不渡り危機を迎えた。 長幼船はパク・ヒョンドの提案を受諾しようとしたがキム・ソンニョンの説得に気を引き締めた。 しかし薄命席は合理的に考えるとし長幼船と対立したし、これに対しパク・ヒョンドは薄命席を信頼して自身のスイス口座を渡した。

これはキム・ソンニョンの作戦だった。 キム・ソンニョンが薄命席を説得して計略を整えたこと。 結局パク・ヒョンドの秘密資金は経理部予備金で帰属した。 ここにソユルがチョ・ミニョンから自白を受け取ってパク・ヒョンドが使う武器は全部消えた。

パク・ヒョンドは裁判長でもノコノコと疑惑を否認して控訴する意向を明らかにした。 しかし裁判所はパク・ヒョンドに懲役22年、チョ・ミニョンには7年、高万斤は4年、イ・カンシクは3年型を判決した。 キム・ソンニョンは裁判長を立ち向かうパク・ヒョンドにサイダーのような一針を飛ばした。

ハン・ドンフンとホン・カウン(浄慧性の方)は巨大な上層部線の動画を入手してもう一つのテバク事件調査に着手した。 ソユルは長幼船の引き止めにも辞職願いを提出したし、キム・ソンニョンやはり辞職願いを出して経理部と熱い安寧を分けた。

1年後巨大な上層部線は検察に逮捕された。 薄命席はパク・ヒョンドを訪ねて行って今や自身が人のように生きるようだと話した。 長幼船はTQグループをより一層堅実にした。 醜男号(キム遠海の方)は本部長に昇進したし、オ・グァンスク(イム・ファヨンの方)はインターンでTQグループに入社した。 イ・ウンソクも健康を回復して経理部に戻った。

ロボム‘食べて’で国選弁護士で活動したソユルはユナ卿の説得を受けてTQグループCFOに支援した。 再び群山(クンサン)に降りて行ったキム・ソンニョンは帳簿を調べて“ぐるっと土地にも道歌ある”、“略字のお金は刺激しない”という原則を守った。 以後彼は検察から企業不正疑惑調査協力を要請されたがクールに断った。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2017   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/32061-47d52b3b

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR