FC2ブログ

THE K2 最終話

984830.jpg
チ・チャンウクと少女時代のユナがハッピーエンドを迎えた。ソン・ユナとチョ・ソンハは愛する二人を助け、共に死を迎えた。

韓国で12日、tvN「THE K2」最終回が放送された。この日チェ・ジョンジン(イ・ジョンジン) はチェ・ユジン(ソン・ユナ) に銃を放ち、最後までもがいた。

爆弾を持ってクラウドナインを襲ったソンジンは、アンナ(ユナ) を人質に取り、チェ・ユジンに銃を撃った。銃傷を受けて死んでいくチェ・ユジンが自分の傷の止血をしているアンナに、アンナの母親の死の真実を明かした。ユジンは自分の父がこっそりアンナの母を殺すように指示し、当時自分が行った時にはすでに手遅れの状況だったと話す。しかし、アンナの母が最後の力を絞って助けを求めてきた時に、結局彼女を放って置いてきたと打ち明けた。

そんな中、爆弾が止められないという事実を知ったソンジンは、卑怯にも一人で脱出。爆弾の火力を避けるためにジェハ(チ・チャンウク) とアンナ、チャン・セジュンは生きる可能性がほとんどないユジンをクラウドナインに置いて、爆発力に耐えられる特殊エレベーターに向かった。しかし、チャン・セジュンは爆発力を少しでも減らさないといけないと、ユジンがいるクラウドナインへ向かう。彼はジェハにアンナを頼み、父性愛を見せた。

ユジンの元に戻ってきたセジュン。彼は爆弾をクラウドナインの中に入れてドアを閉じろと話す。彼は、ユジンと共に死ぬことを選んだのだ。ユジンは死の前で、やっと夫のセジュンの愛を感じることができて、彼と抱きしめ合い涙を流した。二人の犠牲で爆発力は半減し、アンナとジェハは命を取り留めることができた。

その後、ジェハはパク・グァンスとチェ・ソンジンの悪行を暴露し、彼らを罰する。その後ジェハとアンナは熱いキスを交わし、ハッピーエンドを迎えた。

☆辛口感想コラムより

ジチァングウックのブロックバスター級ボディーガードアクション, 不倫疑惑に苦しんだソン・ユナの悪女変身, 作品ごとに ‘演技力論難'の中心に立った少女時代ユンアの国内復帰作で雪道を消した tvN ‘ドケイト'が終映した. 平均視聴率(有料プラットホームニルスンコリア基準)は 6.2%, 最高視聴率は 7.3%だ.

いつも ‘鏡よ'を叫んで悪事を事とする財閥家娘と同時に大権走者の妻催留陣(ソン・ユナ), そんな留陣のご主人と同時に人権弁護士という仮面をかぶった有力大権与えると場勢与えた(ゾソングハ), 彼の弱点になる隠された娘故アンナ(少女時代磨きよ) そして彼らの複雑な家族史と政治史に跳びこんだ用心棒金題下(ジチァングウック).

彼らが中心に立った世の中はまさに乱闘場だ. 権力を向けた貪欲を見せた留陣とセズンにライバル大権与えると朴潅水(金ガッブス)の暴酒と悪事, そんな彼を動いた催声援会長(イ・ジョンジン) などまで誰がもっと悪なのかを競争でもするように悪事を事とした.

手始めは度が外れた設定, ミザングセンのようにアクションにだけ重点を置いた場面たち, せりふでありアクションの打撃感を消滅させてしまう過限 OST などで期待するのを下回るようだった. 大権走者にチォングジルをやっつけるとか彼の隠された娘を拉致するとか都心真ん中で自動車追撃戦をするなど現実とはへだたったようもした.

それにドラマ分量の大部分を占めた題下とアンナのロマンスは劇とは別に遊ぶようだったし出ないa題下のエックションシンと悪人たちの悪事のために絶えず拉致されて死ぬ危機に処する民弊キャラクターと転落したりした.

しかし主人公題下が恋人ラニアを失ったし戦犯という濡れ衣を着せられたイラクでのクマルゲイトに現在大統領から次期大統領を狙う大統領選挙候補, 財閥家, 法曹界, 検警などが連携されたことで明かされながら ‘ドケイト'は大韓民国全体を絶望に落ちこむように限り ‘催純実ゲート'を連想させた.

有力大統領選挙候補が妻に弱点を握られて絡繰り人形のように行動するとか, 検察が与党大統領選挙候補の行動部隊のように描かれるとか検察調査のために出頭した人権弁護士出身の大統領選挙候補に後輩検事たちが丁寧に対するなどの場面は現実で起きる事態を予言でも言うようだった.

すべての面で科して蓋然性とはない設定は終わりまでも続いた. しかし劇始終反目した催留陣とザングセズンが残した詰ったような余韻, 朴潅水, 催声援会長など悪意輩らはジェガブをまともに支払う勧善懲悪などはそれさえも視聴者たちに慰安をくれる結末だった.

・・・・確かに序盤は奇想天外な設定とストーリー展開に、違和感を感じたことは否めないかも。
でも、とにかくチチャンウク君とユナちゃんの純愛が全編を通してあまりにも清々しくて貫いていて、おどろおどろしい老獪な大人たちの醜悪な権力争いの目も当てられない物語を見やすいものに変えてくれていた。
ソンユナ姉さんはさすがの熱演、恐ろしいばかり。華やかな爆死という、設定にぴったりな最期も用意されていて。
でもね、悪役だらけの中で新発見、ソンユナ姉さんの弟役、イジョンジンしの不気味な存在感。この方、優柔不断なキャラしか見たことなかったので、こんな役もこなすんだー、と妙に感心。
嫌らしい狂気に満ちたキャラがぴったりで意外だったけど、イジョンジンしの役柄でドラマもずいぶん面白くなったと思うわ。

本格アクションものがお好きな方には、甘さが邪魔して物足りなかったかもしれないけど、勧善懲悪な終わり方で私は大満足。
楽しませてもらいました。いいもの見たわー(#^.^#)
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2017   0 comments   0 trackback
Category :THE K2

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/31858-93347970

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR