FC2ブログ

キャリアを引く女 15,16話(最終回)

985148.jpg
985150.jpg
985149.jpg

このドラマは、法廷ものというほど重くはないし、ラブコメとくくるほど軽くもない、今までにない新鮮なジャンルのドラマだと思う。
一人の女性の成長、成功物語でもあるし、巨大権力に立ち向かい腐った組織を壊滅に追い込む爽快感も得られ、法の正義とは名ばかりの権力欲、名誉欲に満ちた汚い大人たちの犠牲になる哀れな弱者、子供たちを救うために奔走するできそこないの女弁の活躍劇でもある。
このエピソード詰め込みすぎで、ちょっと欲張ったと思われる物語のヒロインを、ジウ姫はよく演じきったなーと感動。演技が本当に上手になった。
改めて感じたのは、子供好きなジウ姫はいたいけな子役の演技、それも不幸な境遇の子供の演技に時々素が出て涙ぐむときがあるんだけど、最終話、継母に虐待されているから助けて!と駆け込み、涙ながらに訴える子供に、涙を見せずクールに「おばさんは忙しいの。すごく大きな案件を抱えてるの。だから引き受けられないわ」と断るシーンで、すごいと感心。
もうベテランの域なのね。涙の女王と呼ばれ、なんでもかんでも涙ぐむ、もともと涙もろい人なんだと思ってたんだけど、違った。
女優だったのねー。泣くのも完全に演技だったんだわー。失礼しました。

その可哀想な子供の依頼をむげに断ったのにはもちろん理由があった。食べ物もろく与えられず、なぐられ、生理がはじまってもナプキンも買ってもらえないその女の子を見て、グムジュは、妹のヘジュが継母にナプキンを使いすぎるなと十分に与えられず、仕方なく教室で同級生のナプキンを万引きして、二人抱き合って泣いた悲惨な過去を思い出したのだ。
そこで、化け物になりオソンの代表になったが、証拠隠滅など様々な悪事が露見して失脚、弁護士資格停止を受け、弁護士事務所の事務長を経ていちからやり直した、ヘジュにその子供を託すのだった。ヘジュならその子の気持ちが痛いほどわかってあげられて、きっと熱心に弁護するだろうし、ヘジュが弁護士として立ち直るいいきっかけになると思った姉の妹へのはなむけだったかもしれない。
このあたり、脚本がうまいとつくづく思い知ったわ。

そして気になる恋の三角関係だけど、さすがにいつまでも濃くしつこく追い回さなくなったハムボッコしは、あっさりさりげなく
何度目かのプロポーズ。弁護士から検事に転向したマソグ君もまだグムジュをあきらめず、いつか男としてそばに現れると改めて宣言。
最後までグムジュはどちらも選ばないで終わるんだけど、それがベストだと私はこのラストを気に入りました。年齢的にいってボッコしに決まってるんだけど、ソグ君も振るには惜しいキャラ。ずっと二人に希望を持ってもらって続く。。。。で終わったのがなかなか粋よね。
グムジュもボッコのここが好きだけど、ソグも捨てがたいって内心思って迷ってるんじゃないかしら。
そしてそれよりも、グムジュは弱者のため、冤罪をこうむっている人のために働くことが何よりも、恋愛より結婚より男よりもきっと大切で幸せなのよね。
それに、忘れてたけど、バツイチだしね。ちょっと懲りてるんじゃない?結婚生活にも。

チングも不思議がっていたシーン。私もよくわからないところがあったんだけど。
ヘジュが取り調べを受ける前に拉致されたけど、あれは誰の差し金?そして拉致された画像が、イドンスとアレンに送られてきたけど、あれは何の意図?
アレンは出国間際だったのに、画像を見て引き返したでしょう?国の情報院が拉致して、ドンスとアレンを観念させるために画像送信したのかしら。
謎だわ。

ともあれ、こんな素敵なドラマに出会えて視聴中は幸せでした。面白かったー。☆☆☆☆☆
キャストばっちり。またジウ姫には新たな役に出会ってもらって、感動させてほしいわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 12.2017   0 comments   0 trackback
Category :キャリアを引く女

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/31235-c1a2f917

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR