FC2ブログ

星も月もあげる 60話

チェウォンパパ、会長が倒れ、会社は大騒動。ジヌの手術のおかげで一命はとりとめことなきを得たけれど、なんといっても一大企業のトップ。
倒れたことで株が下がったり、理事たちにも動揺が走ったり。
この機に会社をのっとるつもりの腹黒いチェウォン叔父は理事会を招集して会長の体調を明らかにし、自分か会長代行に名乗りをあげる気満々。

叔父の汚い野望を弁護士に聞かされたミニョクはなんとか阻止したい。そこでジヌに「会長が仕事をするのにさしつかえないほど回復してる」と嘘の発表をするように依頼。ところがジヌは医師として真実しか言えないと拒否。
チェウォンはジヌを心配して思うようにしてと告げる。

理事たちが揃った場でジヌが発表したのは。「会長が会社に復帰するのは無理です」。喜ぶ叔父と愕然とするミニョク。
しかし次のジヌの言葉は意外な提案だった。「ただし病室でなら執務できます。僕が責任を持って24時間付き添いますから」。
大逆転。今度は驚愕の叔父。ミニョクはしかし「24時間だなんてできるのか」と詰め寄るが、ジヌは肯定。

チェウォン母も今は頼る人はジヌしかいないと信じている。焦った叔父は姉であるチェウォン母を説得しようと、ジヌは信用できない人間だという証明にギョンジュと恋人どうしただったことをばらす。
驚く母。このままジヌに任せてはいられないと、また理事会を招集。

ミニョクは父に結婚延期を言われ承諾。新聞発表も行う。そこまで手が届きそうだったハンミダン嫁の座が遠のいたギョンジュは絶望。下劣なギョンジュ母はチェウォン父の病室におしかけたり、会社で騒いだり。
会社前でチェウォン母に遭遇したギョンジュ母は「結婚はいつにします?」とすがるが、冷たい態度に手のひらを返したように「うちの娘が死にそうなのに!」と怒鳴り出す。その場面で思い出すチェウォン母。
かつてギョンジュがチェウォンを殺しかけたときとまったく逆の状況。そのときのセリフをそっくり返すチェウォン母。「通報するわよ」。
チェウォン母はいけすかないけど、このシーンは胸がすーっとしたわ。

二度目の理事会招集。ミニョクにだけは会社を継がせたくないチェウォン母は、チェウォンに委任状を出させようとするが、チェウォンは拒否。理事会で株主として自分の意見を言うつもり。
父とチェウォンと会社を守り抜きたいミニョクは、チェウォンに「チェウォンが代行を引き受けろ。僕が後押しするから。叔父を父は信用してない。お前が引き受ければ母もお前を応援する」。
それが最善だと思うのに、チェウォンったら。チェウォンを推すという兄に、「私はミニョクしを推します」と言うの。
ミニョクが余計に母に憎まれるというのに。ミニョクは信じてくれたありがとうとお礼を言ってたけど、懸命な判断だとは思わないわ。たとえミニョクの本心とは違ってもミニョクの言う通りにしていた方が丸く収まったのに。

ミニョクに冷たく拒絶されたギョンジュがあろうことがジヌに「元にもどったらあなたも戻ってくる?」と甘えていた場面を見たチェウォンが「あなたは自分の意に従ってギョンジュに会ってたの?」と訊いた時のジヌの態度が私には物足りない。
切実なチェウォンの問いに誠実に応えずに「さあ、食べよう」ってごまかしたのよ。こういうところがジヌの優柔不断な駄目なところ。なんでも男らしくきっぱり言えないジヌ。魅力的じゃないわ。チェウォンがもったいない。



スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 22.2012   0 comments   0 trackback
Category :星も月もあげる

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/3085-ba937e1e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR