FC2ブログ

屋根部屋の皇太子 17話

冷凍庫に閉じ込められたパクハの危機を前にテムと取引を交わすイガク。居場所を教えるかわりに、テムとテヨンがNYで合っていた事実を隠ぺいしてそれをネタに脅迫するのを止めること。
愛するパクハを救いだすためには要求をのむしかない。「脅迫ではなく、叩き潰す」と誓うイガクを手下達に襲撃させるテムだが、ヨンスルの反撃でイガクは助けられパクハの元に急ぐ。テム、取引だけじゃなくイガクを痛めつけようとするなんて、どこまでも卑怯な奴。それにしてもかっこよく立ち回れない王子様イガクはちょっぴり情けないかも~。家来に守ってもらわないと駄目なところが、王子様なのよね。

パクハを無事救出するイガク。一晩中付き添って看病、朝食にオムライスまで作ってあげて、優しい~(*^_^*)
テムは悪事の証拠品、形態をイガクから取り戻すものの、テヨンのこともいつ記憶を取り戻して自分が海で捨て去ったかを思い出されるのが不安で警戒中。イガクがテヨンに扮して一人二役してるとは気づいていないみたい。

チャン会長の生き別れた娘は自分だと名乗り出ているセナは会長から思いもよらない衝撃告白を受ける。それはセナ自身が会長の長女であるということ。セナが嘘をついて次女になりすましていたことで悩んだが、それも全て自分が子供を捨てた悪い母親だからと自分を責め、セナを娘として認め、香港に連れて帰るつもり。
混乱して戸惑うけれど、結果的には大金持の娘だったということで喜ぶセナとテム。

では、会長の本当の次女パクハと実の姉妹ということになる。それだけは絶対に受け入れられない自分勝手で傲慢なセナ。会長の長女として香港に渡るまえに証拠隠滅をはからなければならない。
実家にあるパクハの父、会長の元夫の写真を隠してまわり、別れを惜しむ母の悲しみすらそっちのけ。自分の利益のためなら母の感情などどうてもいい。ただ、パクハのことがばれないかそれだけが心配。

今度はテムに頼まれテヨンのパソコンを盗み出そうとテヨン部屋に忍び込む。と、それを見とがめたハルモニともみ合ううちに、階段から落ちたハルモニは頭に怪我をして意識不明になる。生死も確かめないまま、ハルモニを見捨てて逃げるセナ。とことん、悪女。

いよいよ会長とセナが香港におもむくその日、パクハはイガクの言葉を反芻。「前世ではセナとパクハは実の姉妹だった。だからパクハも会長の娘なんじゃないか」。思い切って家族写真を会長に見せるパクハ。
するとパクハが探していた実母が自分だったのだと瞬時に悟る会長は、「あなたがインジュだったのね」と泣きながらパクハを抱きしめる。その現場を見たセナは、自分の嘘がまたばれたことで動揺。香港行きを止める。

そのときちょうどハルモニのお葬式。会場からテムはセナに電話で指示。とりあえず自室に閉じこもるセナ。
倒れたハルモニを発見したときに、落ちていた鍵を見つけていたイガク。それはセナの部屋の鍵。
セナの部屋に入り込む。そこへ現れるテム。イガクはテムと争う。


セナが腹黒いのはよく分かっていたけど、まさか過ちとはいえ、人を見殺しにしてしまうなんて。犯罪者になり下がったセナ。会長に娘として愛される資格さえ失ったわ。どう償っても許されない罪を犯したことになるもの。


スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 19.2012   0 comments   0 trackback
Category :屋根部屋の皇太子

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/3027-04b34e2d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR