FC2ブログ

985650.jpg
"製作スタッフがはやくちょっと終わらせてくれといいますね"

やはり名不虚伝神話であった。 六男が一つになってすれば1時間は1分科同じだった。 生放送リアリティーに強い彼ら. 神話が申し分なく愉快なカムバック カウントダウン放送でVライブ歴史を新しく書いた。

28日午後11時からネイバースペシャルVアプリ スペシャル ライブを通じて'神話カムバック パート1オレンジとトゥロッshow'が進行された。 深夜12時に正規13集収録曲一部を公開する前六メンバーは神話創造ファンたちのようにカムバック カウントダウンを数えた。

1998年3月24日にデビューした神話はいつのまにか19年目アイドルになった。 変わりなしにだいだい色の波でそばを守るファンたちのために'オレンジとトゥロッショ'を準備したし休む開くことなく笑いと面白味を作った。 突然な4行詩にダンス、脈絡ないトークまで笑って終わった1時間だった。

事実神話の芸能感は二話をすれば小言だ。 神話が各種芸能番組にワナビーゲストと指折り数えられる理由だ。 特にライブ放送やリアリティーではより一層光を放つのにVライブがこれらにはあつらえ向きだった。

'オレンジ','クリスマス プレゼント','2017年','コンサート'など亥時タグ キーワードを置いて対話をしたがシン・ヘソンは"メンバーの愛と関心、純種(従順)をクリスマス プレゼントに受けたい"と話して笑いをかもし出した。キム・ドンワンは一術さらに浮かび上がって"メンバーを殴ることができるクーポン"と明らかにして笑いをかもし出した。
985649.jpg
スペシャル亥時タグは'もっと上手くやるから'であった。 これはシン・ヘソンが誕生日パーティーの時神話創造ファンたちに真剣に渡したメッセージなのにメンバーには笑いものであるだけだった。 恥じるシン・ヘソンを後にしてメンバーはより一層加熱されるようにこれをまねて見る人々を腹を抱えて大笑いするようにした。

数字トークも神話なので可能だった。 兄たちは末っ子アンディに文章終わりごとに'塩','まったく','ヨム'を付けてくれといったしアンディは外界語を吐きだしながらも終わりをこのように結んで爆笑を誘発した。 エリックはこれを十分活用するセンスを見せた。

終盤には'シン・ヘソン追い立てること'が始まった。ペンソン'オレンジ'ミュージックビデオを公開した後メンバーは振りつけ話を交わしたしアンディは"すい星兄が夜明けにパッとを送った。自分が作った振付け師いるそうだ"として追い立てて結局彼を踊るようにさせた。

互いに絡み合うのが続いた。すでに台本は品切れになったしカムバックは差し迫った。それでもメンバーの対話は絶えなかったし製作スタッフは"どうか終わらせてほしい"と哀願(?)した。結局1分もまだ残っていないまま神話はファンたちに仕上げ挨拶をしてカムバック活動に期待感を高めた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2016   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/29938-b1cde1f2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR