FC2ブログ

不屈の嫁 44話

借金取りに襲撃されたウンスを心配してお見舞いに病院に出かけたヨンシムは、「同情を引いて彼を奪おうとしないで」とウンスに侮辱されてしまう。優しくて暖かなヨンシムの気持を素直に受け取れないひねくれたウンスの攻撃につい、声を荒げて「あなたこそ同情を引いてる」と言い返す。そこの場面だけ見たシヌはとっさにウンスをかばいヨンシムを責める。「今弱ってるときにそんなこと言いに来たのか」。
一体シヌはヨンシムの何を見て、どこを好きになったの。そんな人じゃないことくらいわからない?
恋人失格。

ショックを受けたヨンシムが家に帰るとシヌが待ち構えていたんだけど、謝るどころか、「ウンスは自殺未遂した。僕のせいで苦しんでる。そんな彼女にひどいこと言わないでほしい」って、完全にウンス側からヨンシムを非難。
「言いたくないけど、彼女がはじめに攻めたの。」と言うヨンシムにさすがにシヌも理解したみたいだけど、ヨンシムは傷つき「今はあなたの顔を見たくない」と家に入ってしまう。
あんまりだわ、シヌ。可哀そうなヨンシム。
ヨンシムは「また裏切られるのはごめんだわ」とつぶやく。ようやくヨンシムの痛みを知るシヌ。夫に不倫されてすごく傷つき、満月堂の家族のおかげで立ち直りかけていたヨンシムはそのまま暮らしていても幸せだったのに、シヌが無理矢理に愛を押し売りしてきたんじゃないの。
自分の過ちにやっと気付いたのかお酒を飲んで電話でヨンシムに「二人だけで遠くに行って結婚しよう。ウンスや父母の重荷から逃げよう」って、語ったつもりが間違えてウンスに電話してた。
だってウンスとの履歴が一番最近だったってことでしょう?

それを聞いたウンスは翌朝「ゆうべの電話がショックだった。遠くへ行くわ」とさも意味ありげなメールをシヌに送る。さっそく心配なシヌ。ヨンシムも「一日心配されたくないから、行ってあげて」って許したもんだから。
悲劇が待ってた。ウンスの家に行き病院に連れ戻すシヌ。本当に去るつもりなら何も告げずに行けばいいのにね。
ヨンシムも病院に駆けつけると、ヨンシムが見ている前で計ったようにシヌにキスするウンス。
また、シヌも払いのけないもんだから、ヨンシムは泣いて跳び出す。「誤解だ、弁解させてくれ」ってシヌが追いかけるけど、手を振り払うの。当たり前よね、触ってほしくないと思うわ。
「信じたかったけど、シヌさんの気持がわからなくなった。考え直したい」と別れを告げるヨンシム。

確かに元カノが自分のせいで不幸になれば気になって当たり前。だけど尽くしすぎなのよ。どうせ一緒になる気がないなら、悪い男のままでいた方が元カノのためになるのに。

シヌ両親も強引にウンスを家に連れてくる。そこまでされるとシヌも態度をはっきりさせるしかない。自分の揺れる気持ちをふっきるかのように、ヨンシムとの結婚宣言。

また改めて信じてついていこうと思うヨンシムなんだけど、なんだか健康診断の結果がよくないみたいで。。。

悪い病気にかかっていよいよシヌから離れようとするかしら。心配だわ。

ジヌとヘウォンが結婚しました。幸せの余裕から、元妻に上からの偽善的言葉。「あなたも幸せになって」。友達の夫を奪ったと言われて被害者顔してたけど、事実じゃない。元妻が可哀そう。

ラブコメの二人、ヨンジョンと支配人にも進展がありました。元彼が格差婚の悲哀からこともあろうに、ヨンジョンに都合のいい女になるよう、持ちかける。もちろんきっぱり断るヨンジョンは彼氏ができたと見栄を張る。
じゃ、写真でも見せてみろっていう元カレの前に、支配人がすっくと現れ、「実物を見せてあげよう。僕がヨンジョンの彼氏だ、ハニー」って、名乗り出てくれる。ついでに「本当に恋人になろうよ」って迫る支配人。
初めて会ったときから好きだったと告白。そのまま素直につきあえばいいのに、ヨンジョンったら、年末までの契約恋愛ってことにするのよ。まんざらでもないのにね(*^_^*)
でも元彼に裏切られたトラウマで臆病になってるのよね。

ところが!!
支配人とヘジャのボーイフレンド、カフェのマスターは親子だったの!?
これは、ややこしいことになりそう。ヨンジョンが苦しむのは見たくないわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2012   0 comments   0 trackback
Category :不屈の嫁

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/2969-4c0e86a8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR