FC2ブログ

985925.jpg
クォン・ユリの選択はキム・ヨングァンだった。

30日夜10時放送されたSBS週末特集ドラマ'古号の星が光る夜に'(脚本辛酉談、演出助手院) 4回ではぐつぐつある恋愛をする古号(クォン・ユリの方)とカン・テホ(キム・ヨングァンの方)の姿が描かれた。

カン・テホは古号に"君によく見えようと努めることだ。 こらえる事もでき尋ねて問い詰めてそうしたことしなくて待つこともできる。 必要ならばぶらさがったりもすることだ"と話した。 カン・テホはエレベーター中で古号の顔を捕まえて目を合わせようが夜勤をする古号の状況に怒るなど古号に向かった愛情を表現した。

会食席でカン・テホは古号の横に行って丁寧に上手く用意した。 二人を意識したファン・ジフン(イ・ジフンの方)やはり古号の横に行った。 古号は夢の中で二人の男が自身を置いて綱引き(チュルダリギ)をしたことを思い出させて苦しいといった。

古号とカン・テホはデートに出た。 古号はヤザタであることを提案したし、カン・テホは受け入れた。 古号は過去自身が痛かった時カン・テホが怒った理由を尋ねた。 カン・テホは"痛いという声聞いて気に障った。 常に私が取りまとめたが他の人でもなくてファンチームが病院に行ったのが腹が立ったよ。 私でなければならない理由もないのにその時は気持ちがそうした"と率直に話した。

カン・テホと古号は鉄道を共に歩いた。 カン・テホは古号に対して知っているものなどをぼろぼろ詠じた。 古号の最後の恋愛に対して話していたカン・テホは"つきあう間出た嫉妬でますます性質になれなかった。 ひょっとして分からないのがあれば今後さらに知っていきたい。 だから私たちのつきあう時ならなかったのですか"と尋ねた。 引き続き二人はキスをしながらお互いの心を確認した。

古号は自身を捕まえたファン・ジフンに確かに拒絶意思を明らかにしてカン・テホに行った。 古号はカン・テホに"確かに話した。 私が今好きなのはチーム長様だと"と話した。 カン・テホは古号をふところに抱いた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2016   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/29496-e4a32352

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR