FC2ブログ

イ・ジウン〓前に交錯したイ・ジュンギvsカン・ハヌル

986264.jpg
二人の男は1人の女性に向かった愛を育てた。 決して隠すことも、止まることもできなかった。 二人の男は女のために人生をかけた。

27日放送されたSBS月火ドラマ‘月の恋人-ポボギョンシムうと(脚本チョ・ユンヨン、演出キム・キュテ)’で4皇子王所(イ・ジュンギの方)は菊花茶を飲んだ後倒れた。 血を通じたし、気を失った。 海水(イ・ジウンの方)が菊花茶を渡したので毒殺疑惑を受けた。

事実王所は自身が飲んだ菊花茶にすでに毒殺が入れられたということを分かった。 それでも菊花茶を伝達した海水が危機に陥ることを予想してわざわざ3杯も飲んだ。 それでも海水は獄に捕らえられた。

海水を恋慕する8皇子ワン・ウク(カン・ハヌルの方)はそのような海水を探した。 全身が疲弊した海水を発見したワン・ウクは心が痛かった。 しかし海水はただ王所心配ばかりするだけだった。

解毒剤を飲んで気がついた王所は急にワン・ウクを探した。 海水の汚名をはがすことを頼んだと、自身やはりこのままじっとしていないといった。

王所は“海水を救おうとしてしまわれた。 毒が入ったことを知らないようにしようとした。 だが、軟化まで飲むことになった。 だから君が必ず真犯人を探さなければならない。 海水を絶対あのように置かない”と念を押した。

獄に捕らえられた海水を発見した王所は胸が裂けるようした。 海水は顧問に疲れて寝ついていた。

海水は王所を発見して“やはり死なれなくなり得た。 毒が入ったことを分かりながらも車(茶)を運んだ私をために召し上がったことですか”と尋ねた。

王所は“私は女のためにドクを飲み込むそのような社内ではない”と否定した。 それでも海水は“そんなに頑としてふるまえば私の心が変わることができますか”と極めた後心の底から“私が何かそんなに仇視ですか。 それでは私がますます皇子様を無視できません”とますます大きくなった心を表わした。

王所は“私たちの二つとも生きたのでまもなく会うことだ”として無愛想に愛情を表現した。

ワン・ウクは真犯人を探すために直接出た。 そして遠からずつかみ出した。 すぐに自身の妹ファンボ・ヨンファ(カン・ハンナの方)であった。 軟化はワン・ウクが海水に陥っている事実を恨んだ。

軟化は“お兄様はこの国の皇帝になられる方なのにそれぐらいの小娘のためにあらゆる事を捨てた。 お兄様は皇帝になることを願う。 それでもないならお母さんと私を捨てられても良い”としてワン・ウクの心を揺さぶった。

結局ワン・ウクは事件の証人女官をカンザシで殺害した。 “君は私がお母さんと君を捨てることができないことをとてもよく分かるだろう。 君は私に大きい借金をした”として軟化の罪を覆って渡すと決心した。

同じ時刻誤想宮(ウ・フィジンの方)はワン・ウクの要請を受けて皇帝(チョ・ミンギの方)を探した。 自身はどうせ死んだ命だと知らせた。 翌日海水は解放されたし、誤想宮がすべての罪をかぶると出た。 誤想宮が処刑される危機に処するとすぐに海水は皇帝の前で犯した罪に処分を待った。

おりる雨を全身で迎えている海水. その姿をかわいそうに眺めたワン・ウクは自身の妹とお母さんが犯した罪が浮び上がって配って立った。 代わりに海水のそばには王所が一緒にした。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2016   0 comments   0 trackback
Category :麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/28966-a93c1856

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR