FC2ブログ

ビッグバン大成〓VIP、世の中一つだけである特急(特級)ファンミーティング..'ヒットだヒット'

986635.jpg
'VIP'には忘れることのできない思い出であったし、D-LITEにもファンたちとの楽しいファンミーティングだった。 よどみない進行と幼稚だがおもしろいゲームで世の中で最も特別なファンミーティングを作った。 笑いもあふれたし、ビッグバンとファンたちお互いに対する愛情もあふれた。

D-LITEは31日午後9時からポータルサイト ネイバーVライブ プラスを通じて個人放送'D-LITEON-AIR 5:1テソンを勝て!'を進めた。 あらかじめ選ばれた五人のファンたちと共に多様なゲームを進行下先にビンゴを完成してこそ勝利すること。 ファンたちが勝利する場合、D-LITEがファンのためのまた他のイベントを実施するということだった。

この日放送でD-LITEはファンたちと格別な'セーミ'を自慢した。 過去Vライブ放送でもファンの安心帰宅サービス コンセプトで大きい呼応を引き出した大成であったのに、この日ファンたちと合計を合わせた放送を通じてもう一度特別なセーミを完成して笑いを与えた。D-LITEの芸能感で恥ずかしかったファンたちも全部溶かした。

D-LITEとファンたちは多様なゲームで雰囲気をトゥィウォッタ. 'コーラ、サイダー'を始め子音だけ見てビッグバンの歌を合わせるゲーム、そして頭で計算機を押して最も大きい数字が出てくる人が勝つゲームなどの色々な思い出のゲームが召還された。 特に'両手は手伝うだけ'ゲームでは手を使わないでもんぺを着るミッションであったのに、D-LITEの闘魂が光った。 そうであるかと思えば過去おばあさんが使った話だったとしながら、"ヒットだヒット"を連発して笑いをもあたえた。

それでもD-LITEはファンたちに4連続敗北を記録した。 保身を図らないD-LITEとファンたちの接戦にもかかわらず、ファンたちのゲーム実行能力が優れたこと。 結局今回の'5:1D-LITEに勝て'ゲームではD-LITEの活躍にもファンたちが勝利することになった。 D-LITEはファンたちが願うことで無伴奏'私を見て亡命'を消化して笑いを与えた。

D-LITEとファンたちのセーミはもちろん、ファンを考えるD-LITEのキメ細かさが引き立って見えた。D-LITEはファンたちを紹介する時やゲームを進めながらも彼らを心安らかにしようと努力した。また"兄さんが"と自身を示してファンたちを親しく取りまとめたし、ゲームに情熱を燃やしながらも始終一貫ファンたちを配慮する姿だった。世の中でただ一度だけのとても特別なファンミーティングだった。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2016   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/28515-597a5c59

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR