FC2ブログ

光と影 51,52話

せっかく思い切った二人が結婚にたどりつくところだっていうのに、父親と父親代わりの会長が敵同士だったなんて。
なかなかハッピーエンドにこぎつけないわね(>_<)
ギテもジョンへも自分の仕事を成功させ堂々と自信に満ちて人生を生きている、いい年をした大人同士なんだから、いまさら親の意向なんてどうでもいいんじゃない?って思うけど、そうはいかないのよね。

チョルファンに仕組まれてジョンへが以前のようにお酌相手をさせられると知ったギテとスヒョンは頭に血がのぼる。それぞれ助け出そうと料亭にかけつけるけど、入ることは許されず。
でももう小娘じゃないジョンへは独りで解決。女優や歌手をホステスがわりに宴席に呼び出すようなことはやめさせてほしいとまで嘆願していた。何事もなく自分の足で出てきたジョンへ。

ギテはジョンヘを守る方法としていきなりの結婚発表という強硬手段に出る。
ジョンへは自分に対するギテの愛の炎はとっくに消えている、友情みたいなものが残っているだけだと思っていたけど、そうではなかった。お互いの本当の幸せのためにどうすべきか、考えすぎて、一歩を踏み出せなかった二人が、胸のうちをさらけ出す。
「ずっと好きだった、忘れたことはなかった。」

遠くから見守るだけの苦しい愛はやめにした二人は昔の想いを取り戻す。
そうなると一刻も早く結婚をしたい。自分へ気持を向けさせることはできないが、ギテとの仲は邪魔したスヒョクのゆがんだ愛情も気にしない。

ギテの母から許しをもらった二人は、在日のジョンへの父が来韓するのをきっかけに、両家の顔合わせをすることに。
当日挨拶をしようとしたジョンへ父は、来日するからと皆が警戒していた、会長の敵の大物事業家だった。

暗礁にのりあげそうな二人の結婚。

それにしても、よくもまあ、コロコロと裏切る人間の多いこと。
テソンが自らチョルファンに身売りしてギテの情報を横流ししたのにも驚いたけど、仁義に厚いはずのチョテスまでもが、やくざの本文をまっとうするために、ギテからチョルファンに乗り換えるとはね。

やくざの信義ってなに?だからやくざなのよね。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2012   0 comments   0 trackback
Category :光と影

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/2699-ae9027af

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR