FC2ブログ

ケ・ウンスク“お母さん臨終守れなかった不孝、胸が崩れる”

988477.jpg
歌手ケ・ウンスク(54)が麻薬および詐欺疑惑で水原(スウォン)拘置所で収監中母親の法事にあって拘束執行停止を受けて葬儀を行うことになった。

28日ソウル、江東区(カンドング)、千戸洞(チョンホドン)のある葬儀場で会ったケ・ウンスクはやつれた顔で“ひとまず考える余裕もない。 お母さんの臨終を守ることができなくてわだかまりができる”と寂しがった。

ケ・ウンスクは生前のお母さんの姿を思い出させて“最後に見たお母さんの姿は持病があったのだが精神力も聡明で訂正された。 色々な仕事が一度に近づいて心の病気を得ることになられたようだ”として“2泊3日間拘束執行停止を受けた。 残念なのはこの期間の間埋葬地を行くことができないということだ。 現在としては葬儀室だけ守って再び拘置所に入らなければならない。 子供だと娘ラン私と姉さんしかないのに心配が大きい”と話した。


実質的な最も役割をしてきたケ・ウンスクは今回のことに対して“生前経験してみることができなかった経済的難航している。 お母さん死体を買収するのに金がなくて覚書を書いて受けてやっと葬儀を行った”として“姉さんも今からだが良くない状態だ。 その間患者が患者を見守ったことだった。 本当に心が痛くて、空が崩れることがこうしたようだ”としばらく話をつなぐことができなかった。

とても悪いことが一度に近づいたとため息をついたケ・ウンスクは“前企画会社で攻撃が入ってきて、このように押されてあんなに押されてした。 騒々しくしてはいけないのにマネジャーが権限麻薬を何の疑いもなしで音読した。 そしてあたかも誰が情報提供したように正確が二日ぶりに警察調査が入ってきたよ。 麻薬問題に自動車詐欺疑惑まで受けた”とため息を吐いた。

昨年ケ・ウンスクはヒロポン投薬(麻薬類管理に関する法律違反)と一緒にポルシェ自動車リース、住宅賃貸借関連など二件の詐欺疑惑で起訴されたことがある。
988476.jpg
ヒロポン投薬と関連してケ・ウンスクは“麻薬をしたことに対して謝罪のほかは申し上げる言葉がない。 芸能人は愛を受ける時本当に無限の愛を受ける。 そうしたら社会世情を分からなかったし、麻薬に対する観念が無知だった”と自身の誤りを認めながらも二件の詐欺疑惑に対しては否認した。

ケ・ウンスクは“私は韓国で運転をしたこともなくて、免許証もない。 それで無知だった。 日本では車(茶)を購入する時に保険があるのか免許証があるかを先に確認する。 韓国免許証がないので車(茶)を購買できるのか知らずに保証人になったが、分かってみると詐欺(士気)であった。 これと関連して現在の裁判中にあるのに本当に潔白だ”と主張した。

引き続き“新しく会った会社と締結になって生活費保障を受けるほどの金を受け取るべきなのに詐欺(士気)にあって受けることができなくなった。 良くないことが一度にさく烈して私は今没落した状況”としながら“感謝したことはお母さん葬儀を行うのに多くの方々が十匙一飯で助けてくださったということだ。 本当に頭を下げて感謝申し上げて、今はお母さん葬儀を行うのに最善を尽くしている”と明らかにした。

現在の状況に対して苦しい心境を表わしたケ・ウンスクは“受けた愛と恩恵を返すことができないという事実が胸が痛くて、ファンたちに良い姿をお見せすることができなくて申し訳ない”として“蘇生する道は、どのようにしてでも信用を戻して、一時の失敗を許されるために良い歌で報いること以外ないようだ。 もし機会がもう一度立ち上がることができる機会が与えられるならば奉仕する気持ちで生きたい。 仕事をする時間が天福というものを今や悟った”と告白した。

‘エンカの女王’で呼ばれるケ・ウンスクは1980~90年代日本を風靡した歌手だ。 40回余りにかけて賞を受けたし特に現地歌手の夢であるNHK TV ‘ホン百家合計前’に1989年から1994年まで7回も出演した。

葬儀室は千戸洞(チョンホドン)病院の葬儀場に用意されたし、出棺は29日だ。 ケ・ウンスク側は葬儀のために拘束執行停止期間延長を申し込む予定だ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2016   0 comments   0 trackback
Category :訃報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/26359-21d39bee

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR