FC2ブログ

2度目の二十歳 15話

ノラにドルジックグ告白を一ヒョンソックは退くノラに '私を好きではないこと'を証明しなさいと言ってその言い訳で各種デートをする.
一方, ウチォルは女学生にケーキを渡す自分の写真を伝達受けてすべての事件が工作だったのを直感, 思索になってイジンを尋ねるのに...

・・・・・あー、あと一回で終わっちゃう~(;O;)
もったいないー、もっと見ていたいわ。20回くらいまであると思い込んで油断してたら、16回で終わりだった。残念。
最終回は、ゆっくりじっくり見なきゃ。

ノラはヒョンソクを好きじゃないからって言い張るけど、ヒョンソクの迫り方がすごく積極的で多少強引。わざと顔を近づけたり、友達の証明とかこつけて、別にどきどきしないんだろ?ってシートベルトを外してあげたり、一緒に寝転んで本を読んだり。
「ぜーんぶ、ノラと一緒にしたかったこと。友達なら別にいいだろ、つきあえ」って引っ張りまわす。
ヒョンソクは一方的なそんなデートでも楽しそうで、次の日も家の前に迎えに行く。

ノラはもう嫌だ、嫌いだからやめて、と断るがヒョンソクはめげない。ノラが自分を意識してることを理路整然と並び立てる。
「以前は俺の前でも平気で大口開けて笑ったり、肩くんだりしてたのに、今はろくに目も合せない」。でもノラはもうヒョンソクの誘いに応じない。
ヒョンソクに片思いして撃沈した助手のサンエがノラにやきもちやかせようと、おめかしして「先輩に告白します」と宣言までして協力してもノラは気になりながらやきもちを著さない。進展しない二人にじれったいサンエ。

ヒョンソクはウチョルが大学をクビになるピンチを迎えたことを知る。汚職の噂を流したのもイジンだと突き止め、彼女に警告に行く。「一度は愛したのなら、彼の息子が恥をかいて困るようなことはやめなさい」。
そうしなければ二人の不倫の証拠を掲示板にアップすると脅すヒョンソク。
イジンは降参してヒョンソクの言うとおりにする。

ウチョルはどうしてそこまでして自分を助けてくれたのか不思議でヒョンソクに聞きに行く。「恋敵の私をどうして助けたりしたのか」と尋ねるウチョルにヒョンソクは「あなたが不幸だと息子が泣くことになり、息子が不幸だとノラが辛いから」と答える。
ウチョルはまたもヒョンソクのノラへの愛の大きさに敗北を認めることになる。「負けた」。

ウチョルの危機を救ってくれたことを知ったノラはヒョンソクに会いに行く。「ありがとう。でも私には重すぎる。あなたやりすぎよ。初恋だからって優しくしてくれて守ってくれるのは嬉しくないわけじゃない。でも私は一人で生きていきたいの。もうかばわないで。自分でできることは自分でしたいの。私から離れてくれない?」

ヒョンソクは大ショック。ノラのためだと思ってしたことがノラの負担になっていたとは。ヒョンソクはでも、ノラの望みを聞き入れる。ノラの言うことは何でも聞くヒョンソク。
ノラを呼び出して「俺も気持ちを整理することにしたから。でも優しくしたのは初恋の相手だから、その気持ちを引きずってたわけじゃない。そりゃはじめは同情もした。でも今のお前が好きになったんだ。変わっていくお前が好きなんだ」と改めて新しい気持ちでノラを愛したことを告白したヒョンソク。
2人は寂しくも切なく清々しい別れを告げる。
そしてノラは大学に退学届を出す。

一緒に見ていた夫は「贅沢な人だな。こんなにしてもらったのに」とつぶやいたけど、確かにそうだけど、私はノラの気持ちがなんとなくわかるわ。
世間知らずでモラハラ夫にまがりなりにも経済的に守られていたノラが、大学に通ったことでいろいろな人に出会い、いろいろな経験をして自我に目覚め、自立したくなった気持ち。一人でできるところまでやってみたいのよね。
でも大学までやめちゃったのはもったいなかったなー。
あと一回、ノラはどうやって生きていこうとするのかしら。


スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 21.2016   0 comments   0 trackback
Category :二度目の二十歳

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/25603-03819033

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR