FC2ブログ

二度目の二十歳 

ノラが大学祭のステージでダンスする姿を見入っていたヒョンソクと夫は、それぞれノラが高校生の時にイキイキと踊っていたステージを思い出す。
夫はノラに一目惚れしたことを、ヒョンソクは自分が演出した舞台なのに父の急病で見られなかったことを。
そして、ノラ自身は学祭が終わり誰もいなくなったステージに立つと、夢を見ていた頃の自分に思いを馳せ二度と戻らない青春時代を懐かしく痛く、夢などなくなってしまった今の自分を嘆いてむせび泣きやがて号泣する。

ヒョンソクはずっとしまっていたノラへのラブレターを取り出す。そこには、友達で良かったけど今はそれに満足できない。ノラ、君が好きだ。と書かれてあった。
ダンス姿を見たあとノラが気になって目を離せなくなった夫は、自分に見せるために踊ったなと能天気な勘違い。

翌朝またもやヒョンソクにお弁当を作るノラに嫉妬。息子は母親を見直し、少し素直になる。
ヒョンソクはノラへの感情を取り戻したようで戸惑い、ノラを避け、また冷たく接する。それでもめげないノラは昔のヒョンソクを見るみたいと嬉しそうにお礼を言い、またまたヒョンソクは自分の小ささを反省。

ヒョンソクと夫が参加するセミナーに急きょ書類を届けることになったノラ。
二人が一緒にいることに驚き、勧められた食事を急いで食べて早く帰ろうとするが、逆に消化不良を起こしてしまう。
途端にそわそわノラを心配する二人の男(笑)
夫は薬を取りに行き、ヒョンソクはノラの体を手当てしてあげる。今夜は泊まれ、部屋を暖ためてくる、と立ち上がったヒョンソクの前に、二人の親しく密着した姿を見た夫が立ちはだかる。
「私の妻の体に気安く触るな!」夫の権利を主張するが動じないヒョンソクに「妻が好きなのか?」と尋ねると、ヒョンソクは「好きならどうする?」と正面きって堂々と聞き返す。

ヒョンソク、ついに言っちゃったわー。
自分の気持ちに正直になるつもりかしら。でもまだノラは夫を愛してると思い込んでるのよね!?どうするつもりか、気になるわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2016   0 comments   0 trackback
Category :二度目の二十歳

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/25165-dbe75ec7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR