FC2ブログ



どうせ大賞はキム・スヒョンの獲得になろうか。

今日(31日)開かれるKBS 2015演技大賞にキム・スヒョンをはじめとするチャン・ヒョク、ソ・ジソプなどの候補らが出席を確定した中で、果たして光栄の大賞を獲得することになる主人公は迷惑をかけるのか多くの人々の耳目が集中している。

KBS 2015演技大賞はこの日午後8時30分から汝矣島(ヨイド)KBS別館公開ホールで開かれる。 今年一年を輝かせた多くの作品中でも断然スポットライトを受けているのはすぐに去る6月放映終了した‘プロデュサ’. 'プロデュサ'はニールセンコリア全国基準17.7%の視聴率で有終の美をおさめたことがある。

芸能とドラマが会って新しいジャンルである芸能ドラマを標ぼうしたという点は多くの人々の興味を刺激するのに充分だった。 さらにはキム・スヒョン、チャ・テヒョン、コン・ヒョジン、アイユという派手なラインナップのおかげで放映前から熱い話題を産んで国内外で症候群をほうふつさせる程の人気を呼んだ。

その中でもキム・スヒョンは劇中大学を今しがた卒業した後KBS芸能局に入社した新入ディレクターペク・スンチャン役を担ってもう一度全盛期を享受した。 すぐに前作であるSBS ‘星から来たあなた’で見せてくれたシニカルな姿とは違って、オリバリハン姿で風変わりな魅力を見せたため。 特に隣住民であり会社先輩であるタク・イェジン(コン・ヒョジンの方)を片思いし始めて彼の魅力は最大化された。 純真でとんでもないながらも、時にはのっぽおじさんのように後から黙黙と用意する姿が女心をまともに狙撃したこと。

このような活躍のおかげでキム・スヒョンは先月28日午後開かれた2015 APANスターオウォーズ授賞式で'プロデュサ'で大賞を受賞する喜びを味わうこともした。 これに対し彼が年末授賞式ではどんな賞を受賞することになるのかに対する関心も大きかったが、以前に芸能ドラマである‘プロデュサ’が演芸大賞の候補に上がるべきか、でなければ演技大賞候補に上がるべきかやはり気がかりなことを刺激した。 結論は演技大賞行だ。

今年の一年他の放送局に比べてこれというヒット作を出せなかったKBSが‘プロデュサ’の合流で体面を生かした。 これに対しドラマ局やはり今年一年‘プロデュサ’がたてた球を破ることはできないはず。 果たしてすべての予想のようにキム・スヒョンが対象を握ってまた、一度正常を席に上がれるか多くの人々の期待が集められている。

もちろんその他にも注目するほどの候補らがある。 ‘商売の神(靴)-客主2015’で‘史劇本チュァ’らしく全身を出したのか延期(煙、演技)で独歩的な活躍を広げているチャン・ヒョク、‘優しくない女たち’を通じて何と7年ぶりに成功的なテレビ劇場復帰を知らせたキム・ヘジャ、‘五マイ ビーナス’で名不虚伝女心狙撃手らしい魅力をリリースしているソ・ジソプも有力な対象候補で議論されているところだ。

一方‘2015 KBS演技大賞’はこの日午後8時30分からソウル、汝矣島(ヨイド)KBS新館公開ホールで240分の間生放送に進行される。 MCは前玄武、キム・ソヒョン、パク宝剣が引き受けた。

2015123120214480f.jpg
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2015   0 comments   0 trackback
Category :受賞

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/24056-211b753a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR