FC2ブログ

放映終了'キリ',死ぬ前見なければならないドラマに残る

989315.jpg
'死ぬ前に見なければならないウェプトゥンに引き続きドラマが誕生した。'

JTBC週末劇'キリ'が29日12回で幕を下ろした。 'キリ'は大型マートで広がった非正規職解雇労働者の話を扱った初めてのドラマ. 試み自体で多くの耳目を集中させた。 特に死ぬ前に見なければならないウェプトゥンで挙げられた'キリ'がドラマで作られるという便りに君も私も気がかりなことを呼び起こした状況. 'キリ'は原作ウェプトゥンを生き生きと描き出して水準高い高クォリティーの作品で完成された。 それなら'キリ'はどのように'力作ドラマ'で終止符を打つことができたのだろうか。

▲ウェプトゥン→映像、生き生きと生かした

'キリ'は原作ウェプトゥンを基盤とした作品だ。原作ファンたちは'キリ'がどれくらいディテールに原作を生かせるか半信半疑であた。だが'キリ'は初放送から期待感を満たした。チ・ヒョヌ・アン・ネサン・キム・ヒウォンなど主演俳優の原作と高いシンクロ率は勿論ではあるがリアルよりさらにリアルのようなセット場、原作をそのまま移しておいたような硬いストーリーが力を発揮した。

特に'キリ'は大型マートで広がることを生き生きと入れるために450坪のマート セット場を直接作った。 現実感を与えるための努力だった。 そちらには実際のマートのように新鮮な物品がぎっしり埋まった。

ドラマはウェプトゥンの実態調査を映像に移さなければならない作業であっただけに繊細な過程が必要だった。 このためにキャラクター別成長ラインに集中するほかはなかった。 演出を引き受けたキム・ソギュンPDは"ウェプトゥン同じ場合は中間に省略された部分が多い。 だが、ドラマではこの部分が容認されない。 これに対し脈絡が絶えなくて話隊列が合うようにしなければならなかった。 それで各キャラクターの成長ラインに重点を置いた"と話した。

▲労組の話を扱った初めての試み

TVで労組の話を扱ったドラマは'キリ'が初めてだった。 2003年実際あったことをベースに作られたウェプトゥンをドラマ化したことだったが、TV放映はとても破格的な試みであった。 まだ私たちに労組の話は見慣れない素材. 'キリ'はその見慣れない素材をテレビ劇場に引き込んで以前よりなじむようにさせる役割をした。

当面の視聴率は少し物足りなさが残るが、置いて今後を見ることができる労組の話を初めて扱ったドラマという点では高い評価を受けるに値する。 過去の労使問題を眺めて今の現実社会に対する悟りを与えることができる契機を用意した。

▲チ・ヒョヌの再発見

チ・ヒョヌは'キリ'が'人生ドラマ'と呼ばれるほど以前より一層成熟した演技力に視線を圧倒した。 KBS 'オールドミス ダイアリー'で一躍スターダムに上がった彼が労組の中心に立って略字の意見を代弁する重たい延期(煙、演技)を消化した。 節制された演技力が深い印象を残した。

キム・ソギュンPDはチ・ヒョヌのキャスティングと関連、"チ・ヒョヌのような場合は'オールドミス ダイアリー'時初めて会ったが、その後にもずっと連絡をした。 どんな性格なのか知っていたし、インプット(in-put)が入ればアウトプット(out-put)がどのように出てくるのか分かるのにキャラクターシンクロ率でも色々なメンにあってイ・スインとよく合うと考えた"と話した。 キム・ソギュンPDの予想は的中した。 チ・ヒョヌはイ・スインという(のは)キャラクターを自由自在に延期したし、これを接した視聴者は絶賛を吐き出した。 彼は'キリ'を通じて延期(煙、演技)スペクトル広げて今後の発展の可能性を高めた。
989314.jpg
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2015   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/23525-66ef92b2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR