FC2ブログ

復讐ドロドロドラマのOST

20120922_1348321584_21849800_1_59_20120929185402.jpg
代表的なつっこみどころ満載のありえないドラマたち。
ここに選ばれたものはどれも日本視聴者も文句言いながらも見てた作品ばかりですね~。
OSTもパロディでいまだに使われていますね。

☆どん詰まりドラマ'。 刺激的な内容とスピーディーな展開が特徴。 悪口ながら見ることになる致命的な魅力を持った。 OSTも格別だ。 果敢で濃厚な性向の曲はドラマ特有の力が滲んでいる。


シャギー人物関係、無理な状況設定。 通常の生活では起こりにくいことが同時多発的につながる。 現実で一生苦しむかどうかというエピソードが数十分に一回ずつ行われる。 そらぞらしく万極端な状況がスピーディーに展開される。 "あれが話になって。"という言葉を持ち出す時間的余裕ジョᇁチャ許可しない。

挿入歌が重ねながら劇はさらにダイナミックになる。 尖鋭な葛藤を描いてますます崖に追いやら状況に緊張感を与えている。 新たに登場する荒唐な状況を滑らかにつなぐ役割として作用することもある。


特に悪人キャラクターをより一層モジル語に扱えます。 俳優の鋭い声、冷たい視線と交わってアクラルハムを倍加させる。 共感しにくいキャラクターと状況であっても視聴者を引き込むのに大きな役割を果たす。 ドラマよりもきついOSTを通じて視聴者はカタルシスを感じる。

◆強烈OST "BEST 7"




"妻の誘惑"(SBS) ㅣ "なぜ君は僕に会って、なぜ私病気ばかりして...私傷つけただけ戻してあげる。 悪い女だとな。 許せない "。


メインテーマ曲チャスギョンの"許さない"という歌詞だけ見ても頭の中にメロディーが描かれる。 一緒にドラマあらすじが予想される。 数多くのパロディと話題を良いドラマの中間違った出会いと別れ、そして残酷な復讐を直接的に表現した。 チャ·スギョンのカリスマあふれる爆発的な歌唱力が曲の感じをよく生かした。

"二人の妻"(SBS) ㅣエンディングタイトル曲太原の"愛よ行かないで"は演出を引き受けたユンリュヘ監督が直接作詞に参加した。 太原の魅力吠えたボイスが魅力的であり、ビットのメロディーが引き立って見える。 劇中の交通事故の後、新しい女性(ソン·テヨン)がなく、自分が裏切った糟糠の妻(キム·ジヨン)が調べてみる夫(キム·ホジン)。 二人の女の機構ジョルチャン波瀾万丈な恋愛で流れた。 ドラマが伝えるメッセージを表現した。


"妻が帰ってきた"(SBS) ㅣメインテーマ曲定石の"胸が始めた恋"は、ドラマの早い内容展開に緊張感を極大化させた。 視聴者の原初的神経を刺激したり。 特に劇中一人の男を間に置いてきっ抗した緊張感を造成しているカン·ソンヨンとユン·セアの姿に重ねた。 パワフルなボイスが没入度を加えた。

"天使の誘惑"(SBS) ㅣタイトル曲ユ·スンチャン"ブロークンハート(Broken Heart)"には、ドラマの中の主人公(ペ·スビン)の愛と裏切り、復讐の感情を歌詞に込めた。 複雑な感情を表現するために、切ない感じのアコーディオンと強烈な感じのエレキギターを、ドラマチックな構成のために壮大な感じの弦楽編曲を使用した。 甘いユ·スンチャンの声が絶妙に一団となって風変りな感じを与えた。


"糟糠の妻クラブ"(SBS) ㅣメインテーマ曲"涙が止まらない"は、イルの訴える力濃厚なボイスが引き立って見える。 美しい旋律の前奏戻るビート感のあるリズムが聞く人を魅了した。 主人公たちの様々な人生史が複雑微妙に描かれる状況に重ねられた。 ドラマの展開に深さを増した。 特に劇中ソン·ヒョンジュとキム·ヘソンの感情シーンに紹介されるやいなや熱い反応を起こした。

"太陽の女"(KBS) ㅣタイトル曲はパク·ジホン(VOS) "サンキュー(Thank You)"。 ヘンデルのサラバンドをサンプリングしてクラシックとロックを絶妙にマッチさせた。 42人組オーケストラの雄壮なストリングと節制されたその他のメロディーが既存のミディアムテンポの曲とは差別化される。 簡単に耳に入るメロディーが引き立った​​し、パク·ジホン、自分だけの哀切ながらも強烈な唱法で消化した。


'ご飯与えて'(MBC) ㅣエンディング曲間終局の"情けのため"。 作品の開始と流れ、絶頂に駆け触れる感じを正確に描き出した。 ミディアムテンポの曲で、一度聞けば忘れられないメロディーラインがポイントである。 間終局が感性的ながらも魅力的なボイスを遺憾なく発揮し、最後のシーンを華やかに飾った。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 30.2012   0 comments   0 trackback
Category :韓国ドラマ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/2346-58434053

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR