FC2ブログ

屋根部屋の皇太子 10話

今回もけなげなパクハが可哀そうで可哀そうでついには号泣。悪女セナの陰湿ぶりがあんまりなのと、そんな下劣な女がお妃の生まれ変わりで結婚すれば謎がとけ、朝鮮時代に戻れると、浮かれているイガクと家来三人のお気楽ぶりが酷くて。

パクハにわざと見せつけるようにイガクに抱きついてあっけにとられるパクハに勝利の笑みでにらみつけるセナ。ショックを受けたパクハはすごすご逆戻り。
ふと見つけたバスケットボールでうっぷんを晴らすように一人ゴールに投げ続ける。
そこに通りかかった家来三人も誘って、汗を流す。しょんぼりなはずなのに、やけにならずに発散するパクハの無邪気さが可愛い。
余計にイガクとセナが憎らしく思える。
セナから愛の告白を受けたイガクは有頂天でパクハのことなど忘れてるけど、ソウルタワーのロープーウエイまで来たところでやっと思い出して、4人の居場所にたどりつく。

てっきりふてくされてイガクを無視すると思ったのに、笑顔で誘い一緒にプレーするパクハ。でも、ゲームに勝つと、願いを聞いてとの約束で、イガクのお腹を主一吉パンチ。
そりゃ、それくらいしなくちゃね。

でも詳しいわけを聞いたパクハはイガクに怒ったように避け始める。
分かっちゃったんだよね~。お妃の生まれ変わりがあろうことか性悪女のセナで、セナと結婚すれば現世に来た理由もわかるし、朝鮮時代に帰れるはずってこと。だからイガクとセナが結婚することは必須。
落ち込んだパクハはイガクと目を合わせられない。
怒ったように避けてしまう。

セナはパクハとの関係をイガクに尋ねる。「もし二人がお付き合いしているのなら御迷惑だから身を引こうと思って」パクハに「あんたの持ってるものは全部奪ってやる」っていうのが本心なのに、殊勝を装うセナに「全く心配いりません」ってきっぱり答えちゃうイガク。

でも自分を避けるパクハのことが気になってしかたないイガクは気分転換にサイクリングに出かけたパクハを猛スピードで追っかける。
「怒ってる理由が気になる。わずらわしい存在じゃ」と言われてしまうパクハは切ない。
今更気にしてくれても自分を好きなわけじゃないのに。セナに気持が向いているとわかってもイガクのことが好き。

そんな気持ちを思わずメールに打ち込み、うっかりイガク本人に送信しちゃった!
慌てたパクハは何とかイガクの目に触れないようにしようと携帯を穴に埋めるんだけど(なぜ埋める?池にほおり投げた方が確実だったのに(笑い)結局犬に掘り出され(!これもありえない)、イガクが呼んじゃうのだ、パクハの告白を。

身の置きどころのないパクハは全速力で逃げるんだけど、すぐにイガクに追いつかれ。。。。

イガクがなんと答えるか気になるところだけど、あの毅然とした表情からして、「気持は受け入れられない」って言いそう(;_:)

セナと結婚することは宿命だと信じてるからねー。何か大事件でも起きない限り、パクハへの気持を自覚することはないでしょうし、第一セナの悪魔の正体に気づかないうちは、セナを切り捨てられないでしょう。


スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2012   0 comments   0 trackback
Category :屋根部屋の皇太子

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/2340-7f1c7e4e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR