FC2ブログ

それでも青い日に 129話 最終回

トクヒ(ユン・ヘヨン)の拘束の便りにマンス(チョン・ヒテ)は中傷害してイノ(イ・ヘウ)はヨンヒ(ソン・ハユン)に会ってアメリカに留学に行くと話す。 一方ウンア(征夷研)とともに旅行に出発したヨンテク(キム・ミョンス)は食事中しばらくトイレを行ってきた間に席にウンアがないということを発見するのに…

・・・・・・終わったーヽ( ´_`)丿イノ派の私としては、ちょっぴり残念な終わり方。

イノとドンスはヨンヒの譲り合い。結局、イノの「僕が君ならヨンヒと結婚できるか?僕の父を殺した女の娘なんだ。僕の中では誰の娘でも関係ないが、ヨンヒは僕の顔を見る限り父のことを思いだすだろう。二人が一緒にいても辛いだけだ。」という説得で、ドンスはヨンヒから逃げるために決めていた中東行きをやめる。
「君が中東に行けば僕が追いかけていって連れ戻す。ヨンヒのそばにいてくれ」というイノの言葉通りドンスはヨンヒと結婚。

エシムはマンスとウナの全ての罪をかぶって服役。20年以上の懲役になるらしい。「それでも足りないわ」という所長はアンソン達に責められる。「ヨンヒの母親だからひどいことは言えない。だってヨンヒは私たちの家族だもの」。

ウナはとうとう病院で治療を受ける毎日。ミョンジュが付き添い、ヨンヒもお見舞いに行っている。イノは渡米前にウナを見舞う。
誰にも反応を示さなくて無表情でも、イノの顔を見て「イノさん」と大喜びで抱きつくウナ。そんなウナが哀れでイノは抱かれるままに「ごめん。僕が君を好きになるか、もっと早くにあきらめさせていれば、こんなことにはならなかったかもしれないな」と謝る。
ウナがイノの心を手に入れるために、あまりにも多くの犠牲が出たものね。イノ父の死だってエシムのせいだけじゃなく、ウナも共犯といってもいいもの。

数年後、ヨンヒは副社長に就任している。毎月エシムの元に面会に訪れている。「もう来るなって言ってるのに」と毎回同じことを言っているらしいエシム。それでも母子は和やかに会話する。
マンスとヒャンスクには二人の娘ができていて食堂を続けている。ヨンヒもそこに「叔父さん」と言って現れる。
ヨンジョンとサンミンは結婚したらしい。もうすぐ生まれそうな大きなおなかで入院準備をしている。

ソクボムとミジョンはとうとう最後まで姿が見えなかったけど、子供に恵まれヨンテクは孫のお守りで忙しそう。

イノは有名写真家となってアメリカから凱旋帰国。写真店のテーマは「父親」。イノ父の写真も飾られている。インタビューに答え「息子は親不孝なものですから」とテーマの説明をする。

田舎の元の家でヨンヒたちの到着を待つ祖母とミョンジュ。祖母のお誕生日にかけつけたヨンヒとドンス夫婦。息子に恵まれたらしい。ジョンフンとヨンフンも来ていた。親との同居が結婚の条件なので、なかなか彼女ができないジョンフンと希望通り漫画家になったヨンフン。そのヨンフンの漫画のタイトルが「それでも青い日に」だった。ヨンヒの物語。
挨拶をすませ、ドンスがヨンヒの姿を探すと、裏庭で幼い子供に戻ったウナとじゃがいもを食べていた。
仲良く遊んでいた子供のころのヨンヒとウナのように無邪気に戯れる二人。

ウナの殺人罪は結局エシムが犯人のままなのかしら。所長の言葉じゃないけど、それで20年ですめば軽いような気がするけど。
そしてイノの写真展には誰も訪れてあげないの?冷たいんじゃないの?
ドンスとヨンヒも幸せそうだけど、ウナも心の病気が治らないまま子供に戻ってかえって救われたわね。仲睦まじいヨンヒとウナを見るのはやっぱり気持ちいいもの。

それにしても、ヨンヒとイノの初恋はなんだったのかしら?多くの悲劇を生んだだけ。そのために結ばれなかった二人、という側面から見ると決して満足のいくハッピーエンドではなかったわね。

さあ、今日から新しい長編日々ドラマが始まるけど、今度はどんな物語でしょう。また毎日やきもきさせられるのかしら(ノ∇≦*)
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2015   2 comments   0 trackback
Category :それでも青い日に

終わりましたね。

エシムは刑に服しているとはいえ マンスはなにもおとがめなし?
結構な悪でしたけどね、、
でもヨンヒが心穏やかに暮らせて
そして皆も笑顔でいられるのが
良しなんでしょう。。

ドンス派というわけでもないんですが
イナの立場から見るとやはりヨンヒとは
一緒になれないでしょうね。。
最後のイナの表情はよかったです。

ウナがイナの幻影を追って水の中に入ったけど
無事だったんですね。。(笑)
執着しておかしくなったのは
ほかのドラマにもありましたけど。

次のドラマ 「星になって輝く」
キム・ユビンちゃんが出るんですね
かわいい彼女の演技が楽しみですが
またまた子供入れ違いで絡まった家族関係物語ですか(-_-;)


2015.11.19 15:31 | URL | ユイユイ #- [edit]
ユイユイ様(^O^)
コメント、コマスミダ~♪

> 終わりましたね。

お互いに長きにわたる視聴、お疲れ様でしたヽ(^。^)ノ

> エシムは刑に服しているとはいえ マンスはなにもおとがめなし?
> 結構な悪でしたけどね、、

そういえばマンスだって罪深いですよね。いくらおかしくなったといってもウナもみんなに許されたのが、納得できず(-_-;)
だって自分の罪を悔いて誰にも謝るってことをしてないですもの。
反省なく自分の世界にこもってしまって。それが天罰なのでしょうか。はたから見ると哀れでも、ウナ自身は救われて幸せそう。
それでいいの?と言いたくなります。

> でもヨンヒが心穏やかに暮らせて
> そして皆も笑顔でいられるのが
> 良しなんでしょう。。

うーん、そう思うしかないですね。

> ドンス派というわけでもないんですが
> イナの立場から見るとやはりヨンヒとは
> 一緒になれないでしょうね。。
> 最後のイナの表情はよかったです。

これからのイノのことを思うと、幸せそうなヨンヒがちょっと憎いです(笑)
イノは一生ヨンヒと父の死を引きずって生きていきそう。ふっきってドンスと幸せになってるヨンヒだけど、イノのことを忘れないでほしいわ。

> ウナがイナの幻影を追って水の中に入ったけど
> 無事だったんですね。。(笑)
> 執着しておかしくなったのは
> ほかのドラマにもありましたけど。

あのまま水に沈んでも後味悪いですものね。
悪者は亡くなるか、精神を病むか、服役してきちんと罪を償うかのパターンがあると思いますが、このドラマは一番古臭い手法できましたね。
あれで許されるとは。ウナもこれまで心穏やかな日はなかったので、やっと平穏になったと思えば納得できないわけでもないのですが。

> 次のドラマ 「星になって輝く」
> キム・ユビンちゃんが出るんですね
> かわいい彼女の演技が楽しみですが
> またまた子供入れ違いで絡まった家族関係物語ですか(-_-;)

ユイユイさまに教えていただくまで、ユビンちゃんだと気づかなかったと思います。
お姉ちゃまになりましたね~。達者な彼女の演技を大人女優さんが引き継げればいいのですが。
子役の方が上手っていう例が多いですものね。
またおんなじテーマ、子供取り替えから始まる物語で辟易ですね。
まあ、気長に見守りましょう。ファイティーン、私たち(笑)

2015.11.20 05:00 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/23326-efab6205

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR