FC2ブログ

それでも青い日に 127話

再びトクヒ(ユン・ヘヨン)の家に訪ねて行ったマンス(チョン・ヒテ)はからだがたくさん傷つくとみられるトクヒを見て涙を流してトクヒはみな自身が責任を負うからヒャンスク(キム・ドヨン)と幸せに暮らせと話す。 イノ(イ・ヘウ)はヨンテク(キム・ミョンス)にトクヒを処罰できる唯一の証拠であるサンカルのテープを探さなければならないと話してウンア(征夷研)はこの事実を聞くことになるのに…

・・・・・マンスからも、ドンスからも「エシムを許せ」と責められるヨンヒ。さんざんな目に遭わされ、ヨンヒの悲惨な人生はすべてエシムのせいだというのに、なぜ簡単に許せると思うのかしら。
残酷なことを軽々しく言うのね。

イノ母にもミョンジュにも謝罪巡礼をするエシム。到底許せるはずもない。エシムはイノにとりすがり「自分はいくら憎まれてもいい。でもウナだけは許してやって。あなたを愛しすぎておかしくなった。どうか受け入れて」と懇願。
振り払い無視するイノ。エシムとウナのせいで愛するヨンヒと別れる羽目になったのに、今更どうしてウナを許さなければいけないのか。
こちらも勝手な言い分。

またもウナのせいで犠牲者が出た。サンカルを襲わせ、エシムの裏切りだと思った瀕死のサンカルはエシムに逆襲に行き、エシムをかばったマンスが刺されてしまう。

悪者が悪者をかばって悪者に刺されても、同情も感動もしません。

「私が愛しているのはドンス兄さん」とはっきり言い切るヨンヒ。イノが二番手になりさがったせいで、視聴テンションが一気に急降下。あと二話だから見届けるけど。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 15.2015   2 comments   0 trackback
Category :それでも青い日に

おはようございます!

悪事を働いても 許してといえば今までの苦労が消えるのならまだしも
そう簡単に許せるものでもないですよね。。
ヨンヒにとって生まれてからつらいことばかりだもの
せめて 今のウナ母が私の娘だと言ってくれたことが救いだったのかな
ウナみたいに生活に恵まれても エシムの背中を見て育てば
悪魔みたいに自己中心的な人間になってしまい
苦労したヨンヒはそれでもまっすぐに生きている
でも心底 実母を憎まなければいけないのは
つらい部分があるんでしょうね
だからドンスはその苦痛を和らげてやろうと
ヨンヒを諭しているのでしょうが、、
ドンスとイナどちらと結ばれるかしらね?

韓ドラってどのドラマでも散々悪事を働いて
犯罪まがいなことをしても
最後は許しているけど 刑事責任はないの?
先日終わった青い家 友人の財産を乗っ取った
張本人は悪事がばれまいと必死でまたまた
工作したりお金をばらまいたりしても
結局 自責の念にかられ白状したのだけど
盗られた方は許すのね、、
何なのこのドラマ? 最後は何が言いたいのやら
みんな家族なので 何をされても仲良くしましょうねってことなのかしら
絶対ありえないだろと思う脚本で始まって
終わりはなんか拍子ぬけの作品が多い((-_-;)




2015.11.15 12:15 | URL | ユイユイ #- [edit]
ユイユイ様(^O^)
コメント、コマスミダ~♪

> 悪事を働いても 許してといえば今までの苦労が消えるのならまだしも
> そう簡単に許せるものでもないですよね。。

許せることと許せないことがあると思いますが、ヨンヒに与えられた苦労は並大抵なものじゃなですものね。
運命と言うより、エシムとウナの作為的なものだから、受け入れられませんよね。

> ヨンヒにとって生まれてからつらいことばかりだもの
> せめて 今のウナ母が私の娘だと言ってくれたことが救いだったのかな
> ウナみたいに生活に恵まれても エシムの背中を見て育てば
> 悪魔みたいに自己中心的な人間になってしまい
> 苦労したヨンヒはそれでもまっすぐに生きている

血は争えない、血は水より濃い、と言うけれど、人間って育つ環境で違ってくるものなのだと、このドラマは教えているようですね。
それぞれの養母そっくりな娘たちですね。

> でも心底 実母を憎まなければいけないのは
> つらい部分があるんでしょうね
> だからドンスはその苦痛を和らげてやろうと
> ヨンヒを諭しているのでしょうが、、
> ドンスとイナどちらと結ばれるかしらね?

ドンスは善い人ですが、善い人過ぎて、二番手で終わればその良さがぐっとひきたつのに、ここにきて本命に急浮上で、おぼっちゃまイノ派の私としては、ちょっと物足りなく思っています。
ユイユイ様はドンス派でしたよね。ヨンヒがドンスを愛してると言ったので救われましたね。
>
> 韓ドラってどのドラマでも散々悪事を働いて
> 犯罪まがいなことをしても
> 最後は許しているけど 刑事責任はないの?

そういう意味で「福寿草」で、ユラが刑務所でちゃんと罪を償ったのは珍しく納得のラストでした。
大概、犯罪を許す韓国ドラマは人にやさしいってことになるのでしょうか。

> 先日終わった青い家 友人の財産を乗っ取った
> 張本人は悪事がばれまいと必死でまたまた
> 工作したりお金をばらまいたりしても
> 結局 自責の念にかられ白状したのだけど
> 盗られた方は許すのね、、
> 何なのこのドラマ? 最後は何が言いたいのやら
> みんな家族なので 何をされても仲良くしましょうねってことなのかしら

私は早々にリタイアでした。ヒロインがあまりに地味すぎてダメでした(^_^;)
最後、結局悪人が許されたんですね。長々と続いたわりにはなんだかなーのラストでしたね。

> 絶対ありえないだろと思う脚本で始まって
> 終わりはなんか拍子ぬけの作品が多い((-_-;)

本当にそうですね。みんなが幸せになる大団円のハッピーエンドもいいんですけど、犯罪は犯罪として「ごめんなさい」で許すのではなく、きちんと法的に罪を償ってこそ、悪人も再出発できると思うのですが。
ケンチャナ精神と言うか、ゆるいというか。
「チャンミ」も終わりを迎えたので、ご覧になってくださいね。ユイユイ様は納得されるでしょうか。

2015.11.15 22:24 | URL | まりあんぬあしゅー #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/23278-a511afa3

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR