FC2ブログ

頑張れチャンミ 120話

ジュンヒョクの告白にホン女史はそうだと思っていたとし辞表を書きなさいだが、ファン会長はそっと慌てるがすぐ淡々とテジャとともに責任をとり防いでくれと言う。 一方田舎に降りて行ったミンチョルは病院仕事をして単独で過ごして、チェ教授はミンチョルとミンジュ考えに涙を流す。 カン先生はホン女史にお金を返して謝罪するけれど...

・・・・・チャンミからのかわいらしい逆プロポーズだけで結婚が決まりかと、ちょっと物足りなかったけど、テジャが本気出してくれてちゃんとプロポーズしてくれて感激♪良かったー(」*´∇`)」

ジュニョクの懺悔を聞いてテジャ母は「だから信用できなかったのよ。私は正しかった」と声高にわめくけど、会長は「テジャと協力して解決しなさい」と命じる。
テジャ母には「そのまま騙されたふりでテジャを社長にすべく圧力をかけて」、会長には「健在アピールをして」というジュニョクの仕切りでテジャ解任目的のはずの株主総会で、解任は無事否決され、なんとか事なきを得る。会社乗っ取りは失敗。
ほとんどジュニョクの活躍に、お得意のコロッと態度を変えるテジャ母。「これまで誤解してきたわ」。へー、それですますつもりなのね、数々の侮辱を。

でも息子への過度な期待、所有物扱いはなかなか収まらない。「俺は会社を継ぐ気はない。生きてるだけで幸せなんだろ。嫌がることを強要しないでくれ。チャンミのことも、絶対に別れないから」といつまでも未練たらしい母にきっぱりテジャは宣言。「チャンミとは会社のことが落ち着いたら結婚しなさい」とそこは賛成する母。

テジャが大ドンデンを起こすような重大発表をするのかと思いきや、そうでもなかったみたいね。結局祖父の命令通り、これまでの地位、本部長職を全うすることで決着。

そしていよいよ。ミンジュとの結婚を受け入れたテジャが、捨てるに捨てられなかったチャンミへの結婚指輪を祖父に預かってもらっていたけど、それを返してもらい、チャンミに正式にプロポーズ。
指輪をはめてもらってこれまでの苦難が報われた思いで、幸せに満たされるチャンミのほほはバラ色に輝き、テジャに抱かれる。
いつまでも抱き合う二人。

幸せ絶頂なテジャたちに比べ、堕落の一途をたどるミンジュ一家。お金を返しに来て「ミンジュを許してほしいなどとは決して言いません」と誓う誠実なミンジュ父には、祖父もテジャ母も同情するものの、だからといって、許すにはあまりにも罪は大きいと話しあう。

帰宅したミンジュ父に「お金を受け取ったの?ミンジュを許してくれそう?」と相変わらず反省の色もないあつかましいミンジュ母。
ミンジュはずっとベッドにいて、テジャとの仮の幸せな思い出に浸り現実逃避する毎日。ミンジュ父が優しく「新たな生き方を見つけなさい」と諭し、人間らしい心を取り戻したかに見えたけど、引きずられるようにして行った病院では、治療が必要な状態と診断されてしまう。

ミンジュたちは家も売り払い惨めな借家生活、ミンチョルは地方で他人の保険証で診察に来るような田舎アジュンマを相手にため息の毎日。日本では保険証詐称など、ありえないことだけど、韓国では本当にそういうこと通用するのかしら。
「どうしてこんなに落ちぶれたのかしら」と嘆くミンジュ母。まだわからないの?それは自業自得。身の程知らずな欲をかいて罪まで犯したのに、誠実に償おうとしないからよ。

とうとう残り三話になっちゃった(´・_・`)テジャとチャンミのラブラブを満喫しよう♪
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2015   0 comments   0 trackback
Category :走れ、チャンミ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/23140-35aae354

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR