FC2ブログ

それでも青い日に 122話

ウンア(征夷研)の嘘を知るようになったヨンヒ(ソン・ハユン)は秘密資金帳簿を再びイノ(イ・ヘウ)に伝えてくれとしながらヨンテク(キム・ミョンス)に渡してヨンテクはウンア考えに複雑で息苦しくなる。 ヒョンスク(キム・ドヨン)はアンソン(チョン・ギョンスン)からビョンジン(チェ・ドンヨプ)死の秘密を聞くことになってすぐにマンス(チョン・ヒテ)に話す。 一方ヨンテクは方案で少しも動かないイノに真実を打ち明けるのに…

・・・・・ヨンヒが呼びかけても部屋に閉じこもったまま出てこようとしないイノを突き動かしたのは、父の死因にエシムが絡んでいると聞いたことだった。ヨンテクはドンスにイノ父が言い遺した「エシムの手下に追いかけられて車にはねられた」という事実をイノに告げる。
はじかれたように部屋を飛び出すと、エシム家に駆けこむイノ。応対したウナに平手打ちをくらわせ、「あの女には父さんが受けた何倍もの痛みを与えてやる。お前も同じだ」。憎しみに燃えるイノにウナはとりすがるが、そのたび突き飛ばされてしまう。

ミョンジュはヨンヒが探し出した日本に住むミョンジュ弟の腎臓が適合して、急ぎ執り行われた手術も成功、事なきを得る。

ウナが適合者ではなかったので、もはやウナの脅しは通用せず、ヨンヒは帳簿をイノに渡してくれるようヨンテクに託す。
まだ帳簿を探し回るウナはヨンテクを訪れるが、ヨンテクもヨンヒも「パパに会いに来た」とごまかすウナの浅はかな意図などお見通し。追い返す。

ミョンジュが落ち着いたヨンヒは本格的に、ビーナス化粧品に発癌物質が含まれると言う風評を流された罠に取り組む。
ヨンテクと協力して裏帳簿に関係者の名前を見つけ、シンジュの仕業だと確信する。

「もう僕には父も帳簿もヨンヒもいなくなった」とドンスに泥酔してはぎだしたイノは、捨て身でエシムと対決しそう。共倒れ、破滅への道を進まなければいいけど。



スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 07.2015   0 comments   0 trackback
Category :それでも青い日に

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/23139-09294091

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR