FC2ブログ

アングリーママ 15話

15回学校に行った。 図書館に

名声高別館崩壊と関連して裁判が開かれて、トンチル(キム・ヒウォン)とジョンウ(キム・テフン)は疑惑を否認する。 エヨン(オ・ユナ)は自身の位置づけが不安になって、より一層政友(キム・テフン)に頼るけれど..
一方、政友の携帯電話でイギョン(ユン礼奏)の文字が転送されて、ホン会長(パク・ヨンギュ)はジョンウを除去することに決心する。

・・・・・・どこがどうってうまく言えないんだけど、面白いわー、このドラマ。韓国放送当時「匂いを見る少女」より断然視聴率が良かったのも仕方ないかなってわかる気がするわ。
脚本がしっかりしてるし、毎回見どころが満載。腹黒い大人同士の醜いやりとりはさておき、ヒロインの活躍が痛快。

今まで学校が舞台のいわゆる学園もので、親目線、保護者目線で作られたものがなかったから実に新鮮。そこがいいのかも。
全体をつらぬく、ぶれないテーマが親の子供への愛情。
ここにきて、手抜き工事のせいで子供を喪った親たちを中心に母親たちが一致団結して不正を追及して暴いていく姿が感動的。
特に初盤で権力欲の犠牲になったイギョンの母が新聞記者だということが活きてて、冷静なプロの視点でどんどんスクープ記事を上げていくのよ、スカッとするわ。

実父じゃないものの、ドンチルも結局姪にあたるアランのために主人を裏切ってガンジュ側につくし。家族愛を知らないエヨンが裏切りに裏切りを重ねてなかなか改心しなかったのもわかる。
ヒロインガンジェの暖かさがバイオレンスありの殺伐としたきな臭いドラマ全体を最初から最後まで救っているのよね。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2015   0 comments   0 trackback
Category :アングリーママ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/23103-558a4fe6

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR