FC2ブログ

放映終了「女王の花」キムソンリョン笑って、キム・ミスク泣いて...勧善懲悪結末

990590.jpg
最後まで悪行を止めなかったマフイラ(キム・ミスク)とチェ・ヘジン(チャン・ヨンナム)は没落した。 そして、改過遷善たレナ錠(キムソンリョン)はそれほど望んで家族を得た。

30日の夜放送されたMBC週末ドラマ「女王の花」(脚本パク・ヒョンジュ演出イ・デヨンキム・ミンシク)最終回では、娘川がソール(异性)を守るために苦労しているレナ定義の話が描かれた。

麻希というレナ正約束とは異なり、レナ正川がソールの母娘関係を暴露して、川がブラシとバクジェジュン(ユンバク)の結婚を破っせようとした。 レナ情この事実を知った瞬間、彼女の手に反撃の糸口が入ってきた。 記憶を取り戻したギムドシン(趙漢喆)が「バクジェジュンはないフイラのホンウェジャだ」という内容をレナ定に伝えたのだった。

海苔神の声が盛られたファイルを持ってないフイラを見つけレナジョンウン "川がブラシとバクジェジュンをガラおけば、ファイルをすぐにパク・テス(装用)会長に渡す」と脅迫した。 しかし、麻希という意味を曲げず、最終的にはレナジョンウン "そんな気持ちなら川がブラシを受けてくれるとしても幸せでない」としないでくださいフイラに録音ファイルを渡した。 降伏宣言だった。

マフイラの意味はこのようにしっかりしたが、それにもかかわらバクジェジュンと川がソールは結婚を許さ受けるためパク・テス会場を訪れた。 このとき登場した麻希という結婚を防ぐために朴会長にレナ正川がソールの母娘関係を暴露した。 しかし、すべてのことがないフイラの意のままになされなかった。 態度を変えたマフイラに怒ったチェ・ヘジンが乱入して「バクジェジュンはないフイラのホンウェジャだ」という事実を暴露したのだった。 朴会長は驚きに口が塞がらなかったし、衝撃を受けたバクジェジュンはないフイラから背を向けた。

4年後、没落したチェ・ヘジンは違法施術で生を延命する可憐な境遇の生活を生きていた。 また麻希というバクジェジュンに捨てられた後、うつ病にかかった。 その時朴会長が亡くなったという知らせが伝えられ、別れたこれらもう一度席に集まった。 最後の瞬間に自分自身を思い出した朴会長の遺言を聞い麻希という一歩遅れて後悔の涙を流した。

続いてバクジェジュンはさまようを終え川がソールのそばに戻ってきた。 そしてバクミンジュン(イ・ジョンヒョク)とバクジェジュン、川がソールは消えレナ情報を見つけて、彼女が滞在している浜に行った。 その場所でバクミンジュンは自分の息子と初めての出会いを持った。 レナジョンウンバクミンジュンと川がソールを見て満足げな微笑を浮かべた。 一つの家族になった彼らの再会と話は幕を閉じた、

去る3月14日に初放送された「女王の花」は、不幸な過去のために残る踏みつけながらも成功することが幸せだと信じているレナ情自分が捨てた娘川がブラシと再会し広がることを描いてきた。

「女王の花」の後続では昨年、「来た章麦 '熱風を起こしたキム・スンオク作家の新作である新しい週末ドラマ「私の娘金糸月」が来る9月5日に初放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2015   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/21875-a44b91e4

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR