FC2ブログ

「女を鳴らし「ソン・チャンウィ・キム・ジョンウン、幸せな結婚..ハ・ヒラ改過遷善

990592.jpg
'女性を鳴らして」ソン・チャンウィとキム・ジョンウンがいよいよ結婚し、幸せな生活を設けることになった。 お互いに愛することができない間だった二人は、そのように笑った。

30日放送されたMBC週末ドラマ「女を鳴らし」の最終回は、ジョンドクイン(キム・ジョンウン)を筆頭にガンテファン(イ・スンジェ)の家族が皆幸せに暮らす話が描かれた。

前徳仁はガンジンオ(ソン・チャンウィ)と川ユンソ(ハンジョンヨウン分)を救うために体を投げたが危険な瞬間を迎えたことがある。 この日徳仁とジヌはまだ友達に過ごす姿を見せ、ユンソは鉄入り勉強をした。 ユンソは検定試験に合格した、大学入試に挑戦した。

ユンソは、自分自身を包んだ徳仁に感謝の気持ちを表現した。 ユンソは徳仁の息子を死な作り、このような事実が知られた後徳仁とジヌは別れた。 ユンソは手紙を介して「おばさん愛しています。 ありがとう」と感謝の気持ちを表現した。 ユンソは徳仁の息子を死なせた。 二人は回り回って本当の和解をした。

もう残ったこと徳仁とジヌの結婚だった。 周辺のブチュギムがあった。 息子ファンギョンチョル(インギョジン分)が死亡した中で、ライトレールの母であり、徳仁の前姑ボクリェ(キム・ジヨン)は徳仁に再婚を要請した。 前実家の家族も継続煽った。 ボクリェは嫁も子供ながら徳仁を配慮した。

徳仁は「ジヌ氏の妻になること容易な決定はない」と躊躇し、ジヌは「いつまでも待ってない。 私には待っているのも愛だから」と心強い支えがなると約束した。 ジヌは本気を込めた歌を歌った。 やがて二人は幸せな結婚式を行った。 回り回って「ハッピーエンド」であった。
990591.jpg
ひどくな悪女だった良いこと(ハ・ヒラ分)は、改過遷善た。 ウンスはガンテファン(イ・スンジェ)会長が死んだ後、田舎に下り草花を育て住んでいた。 欲を捨てたウンスは善良な人物で再び誕生した。 派手な生活を生きていたウンスは跡形もなかった。 息子カンヒョン書(パク・サンヒョン分)に対する愛情を努めて隠した。 息子と一緒に住みたいと思うかと思ってソウルにいないと芯を表わした。

気まずくた兄弟強震た(チェ・ジョンファン)とガンジンミョン(オ・デギュ)もサルトゥルになったし、生涯をお互いに傷を与えた真のチェホンラン(イ・テラン分)もの間が近くなった。 徳仁の過去婚家の家族も幸せに生きていった。 美容室も、ピザ店も人でにぎわっていた。

一方、「女性を鳴らして」は、4月18日から放送された40部作ドラマ。 息子を失った一人の女性が自分の人生をしっかりと生きていく過程と、彼を取り巻く財閥家の家を背景に人物たちの愛と葛藤、許しを描くという企画のもあった。

「女を鳴らし「後続は「君と私」、「ママの海」、「姉」などを執筆したキム・ジョンス作家の「ママ」が来月5日初放送される。 このドラマは、長年子どもたちに犠牲て生きてきママ」ユンジョンエ」がすべてのことを子供たちにも渡して空のシェルだけが残っ自分をジムにここ子たちに向かって広げる痛快な復讐を含んでいる。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2015   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/21874-a791b3fa

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR