FC2ブログ

嵐の恋人 17~20話

高慢なお嬢様エリの本性が徐々にむき出しになってきた。積極的にアプローチしてきたヒョンチョルは自分だけを見つめ、自分だけに優しいわけではなかった。

なぜか気になるピョルニョもヒョンチョルの庇護を受けていた。そのことを確信して嫉妬にかられてピョルニョに絡むエリ。

ことの発端はエリ父企業がイメージ戦略のために建立した障害者会館のお披露目パーティーをめぐってだった。
ピョルニョも障害者だから連れて来てはどうかと気軽に誘ったエリに対して拒否反応を示したヒョンチョル。
エリをさらし者にしたくない様子。「失礼じゃないかな」。やんわりと断るが、そのことはエリの気を悪くしないわけがない。

ところがその話に及ぶとピョルニョは障害者への配慮は企業の責務であり、配慮してくれたことが嬉しいしありがたい、私も出席してみたいとヒョンチョルに言う。そこでヒョンチョルはエリに承諾を得ないまま、パーティーにピョルニョを伴う。
会館でピョルニョを見て一瞬戸惑うエリ。

障害者への暖かな配慮の気持から発したものではなく、あくまで企業イメージを高めるための建設だったと知り、純粋なヒョンチョルは軽く失望を見せる。
それに対してエリは開き直りの堂々とした弁明を繰り広げるが、障害者に関する各国企業の姿勢の情報に日頃から敏感だったピョルニョはエリの浅はかさをはからずも指摘。
企業のあるべき姿と展望を説く。
あっけにとられるが、自分のスピーチにピョルニョの弁を早速取り入れ、ちゃっかりと称賛を浴びるエリ。

その後、三人はクラブへ。
ヒョンチョルの無神経ぶりには怒りすら覚えるわ。エリとピョルニョの舌戦を止めることもできずにぼーっと眺めていた役立たずぶり。
まして、足が悪くてダンスなどできるはずもないピョルニョをクラブに連れていくとは。
ここぞとばかり、ピョルニョに見せつけるようにヒョンチョルと踊るエリ。ヒョンチョルは壁の華のピョルニョが気になり、たびたび視線をやり、笑顔で手を振る。

もぉ、ホントに!何も考えずにつれてきたにしても、寂しげな微笑みを浮かべるピョルニョに気付いたなら、とっとと連れて帰りなさいよ!!
洗面所でエリに嫌みを言われてるじゃないの。
「ヒョンチョルさんが気にしてるわよ。彼をきづかうなら、楽しいふりでもしたらどう?」とことん性悪なエリ。

まー、余命短い妻に虐待を続けるような冷酷で卑劣な父の娘じゃ無理もないけど。
エリ父は昔の恋人のことで妻の部屋にビデオをとりつけ乳母の息子との会話を盗み見る。それほどまでに元恋人に執着するエリ父はやはり異常。けれども、その恋人が子供を妊娠していて、出産していたとしら。その子はどうなったのか、エリ父でなくとも気がかりだろう。
妻が始末したと思われるその子供がピョルニョらしいのだけど、そのことが明らかになる日はいつかしら。
エリの驚愕ぶりが見もの。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2012   0 comments   0 trackback
Category :嵐の恋人

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/2141-3bba53f5

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR