FC2ブログ

「仮面」スエ♥チュ·ジフン、娘の出産。家庭成し「ハッピーエンド」

991008.jpg
ゼリージャムが解消された。 苦しい展開で視聴者たちの怨念の声を買ったSBS水木ドラマ「仮面」は、最終回で痛快な「サイダー展開」を見せてくれて大詰めの幕を下ろした。

30日放送された「仮面」の最終回では、やられたジスク(スエ)とミヌ(チュ·ジフンの方)の痛快複数が描かれた。

ジスクは、これまで自分の身分を隠したまま生きていた罪で刑務所に収監されたが、ミヌと手紙をやりとりして、より切なく愛を育てていった。 4年後出所したジスクは母の夢だったレストランを作動させることになり、娘を出産、ミヌと家庭を成した。

貧しいのはチェミヨン(ユ·イニョンの方)である。 愛していたソクフン(ヨン·ジョンフン)に捨てられ、最終的に命を絶ったこと。 ミヨンは弟のミヌのために、これまでソクフンの悪行をジスクにすべて打ち明けソクフンと残して絵を描いた、ソクフンは未然に傷のみ残した。 結局ミヨンは自ら命を切った、一歩遅れて彼の心を感じたソクフンは未然に検出しますが、すでに時は遅かった。 最後の場面でソクフンはミヨンの写真を見て「すぐに見に行く人」と言って死を暗示した。
「仮面」は、自分を隠して仮面をかぶったまま、他の人に生きる女性とその女性になって並びに守ってくれる人を、真の人生と愛の価値を実現する激情メロードラマを標榜した。

激情メローを掲げたが、実際にソウンハ(スエ)を殺した真犯人が誰なのか、ミンソクフン(ヨン·ジョンフン)は、なぜチェミンオ(チュ·ジフンの方)をこのように苦しめるか、チェミヨン(ユ·イニョンの方)は、悪女なのか愛を渇望する貧しい女性であることをわからない好奇心を刺激する「ミステリードラマ」だった。

最終回まで主人公たちがやられる苦しい展開が続いた。 去る29日放送された19回では、ミヌとジスクにはまだ不幸が黙ってひどい悪人になってしまっソックン狂乱話が繰り広げられた。

ところが、最後の回は違った。 記者会見でミヌが記者会見でミンソクくんすべての事件の主犯であることを明らかにした。

この日ミヌは「別荘で私が間違っているのに対して、申し上げう。別荘に大きな火が上限、妻の血痕が付着した裾を手に握ったまま発見された。意識が失われた妻を車にのせたし、川に投げられた。私のせいための妻は死の顎から震えていただきだろう。すべてが私のせいです。申し訳ない」と述べた。 以来、本当の話を打ち明けた。 このすべてのことを飾る人がソクフンであることを暴露した。

そんな中、ジスクが記者会見場に登場した。 前ミヨンはジスクに事件の顛末を払っノァトゴ、すべての事実と状況を知ったジスクは記者会見で、これまでソウンハに生きなければならいたことをすべて打ち明けた。 そして、すべての事件の源がソクフンであることを告発し、これまでの悪行を一つ一つ暴露した。

最終的に悪事を犯したこれら罰を受け、二人の主人公はハッピーエンドを迎えた。

991005.jpg
俳優チュ·ジフンがSBS水木ドラマ「仮面」放映終了所感を明らかにした。

チュ·ジフンは31日、所属事務所を通じて「初めて全体リーディングのためにみんなで集まって始めたのが一昨日だが、熱心にとって、視聴者の方々と一緒に走ってきてみるといつのまにか放映終了を迎えた。 皆さんが愛してくださったおかげで、楽しく幸せに撮影によく終えた」と明らかにした。

続いて彼は「1年半ぶりにTVを介して、皆さんをお目にかかったが、愛してくださって感謝し、より良い作品、面白いドラマに訪ねる」と付け加えた。

チュ·ジフンは今回の作品を通じて、様々な感情線を行き来する「チェミンオ」の複雑な内面心理を繊細かつ深く描き出して幅広い演技スペクトラムを誇示した。 彼は劇序盤家族の前でも「仮面」をかけたまま、なかなか本音を出さない冷たく冷静な姿と、深刻な強迫性障害を持つ不安心理をリアルに見せるなど、水に上がった演技力でお茶の間を虜にした。

そうすれば、「変ジスク(スエ)」に心を開いていくぎくしゃくロマンチスト姿まで披露し両極端を行き来する演技を上手に表現、多彩な魅力を集約させたキャラクターを完全に自分のものにするとし極を豊かに導いた。

劇中のパートナースエと甘いロマンチックコメディから切ないメロまで代替不可ケミストリーを誇示したのはもちろん、他の相手俳優とも完璧な呼吸を誇って劇の活力を加えた。 これは、相手に応じて、感情の緩急を調節したので可能だったこと。 チュ·ジフンはさらに深くなった目つきと熟した演技力で「ブランド俳優 'というタイトルをもう一度立証し、視聴者の厚い信頼を得た。

その中にスクリーンとブラウン管を行き来し、さまざまな役割を披露した彼は、1年半ぶりに復帰した今回のドラマを通じて演技力と話題性二匹のウサギをとりながら熱い底力を誇示して、今後の歩みに期待を高めている。 一方、チュ·ジフンはドラマの撮影に押されたスケジュールを消化して慎重に次期作を検討する予定である。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2015   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/21336-8dc104fe

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR