FC2ブログ

頑張れチャンミ 49話

ファン会長は約束をよく守っているテジャにもう家に入ってこいと話すが、チャンミとともにあるのが良いテジャは今のようにさらに過ごすという。 一方、ミンジュはチャンミのために運転を習っているとし車を回してほしいというテジャの話に腹が立つけれど..

・・・・・チャンミ、怒ったわー。想像以上にお怒り。そりゃそうよね、いくらチャンミが心が広くて優しいっていったって、ミンジュにキスされたテジャの写真を見たらね。しかもそれがTシャツにでかでかとプリントされてるもの。
テジャがどんなに謝っても、プンプンなチャンミは簡単に許してくれない。テジャはミンジュのところに行って文句を言う。
「どうしてTシャツが店に送られてきたんだ」。実はミンジュがベストカップルに選ばれたと見せかけるよう、遊園地のスタッフに頼んでいた。「どんな小さなことでもチャンミにこれ以上誤解されたくない。Tシャツは処分してくれ。行動にも気を付けて」とキレ気味なテジャ。

2日も口をきいてくれないチャンミのことでテジャは悩む。ジュニョクに相談すると「やきもちじゃないか」って言われて、途端に大喜び。チャンミに嫉妬されて嬉しい。
チャンミもジャンディに「クールに許したいけど、心がそう簡単にはいかない。」と愚痴る。ジャンディは「数か月前まで男性を信用できなかったあなたが恋のことで悩んでて嬉しい」と言う。チャンミも「あのころに比べればぜいたくな悩みなんだけど」。
ジャンディが気を利かせてテジャに連絡。家に迎えに来るようにメールする。駆けつけるテジャ。
2人は仲直り。

ボランティアで訪れた施設の子から手紙をもらった二人は、すぐにでも行きたいが、バスだと不便。「車があったら」というチャンミの言葉で、テジャは父の事故でトラウマになっていた運転を習うと決心。
ミンジュに貸していた車を返すよう頼む。ミンジュは運転と言うだけで激怒していたテジャの変わりようにあきれ、チャンミのために運転に挑戦するというテジャの言葉でどれほどチャンミを愛しているか思い知る。
「奪い返してやる」とお門違いな決意をますます固めるミンジュ。

テジャを訪ねてお店に来たミンジュの携帯に、テジャのことを「私の男」と登録してあるのを見咎めたチャンミは、ミンジュに抗議。
「登録名を変えて下さい。テジャさんは私の恋人です。あなたがテジャさんのことをあきらめてないと知っていたら、デートも許さなかった」といつになく強気なチャンミ。

でもねー、いくらチャンミが頑張っても腹黒ミンジュには到底かなわないから。あんまり刺激しない方がいいのにって、ヒヤヒヤするわ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2015   0 comments   0 trackback
Category :走れ、チャンミ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/21331-734bb52a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR