FC2ブログ

「セクシー男、悪い男、誘惑男「...夏より熱い2PM

991497.jpg
本人の色を知っていた。 その魅力を浮上させた曲を直接作り、アルバムに満たした。 舞台でもそうだった。 パフォーマンスとボーカルのバランスを成​​し遂げた。 過剰な欲を張る代わりに、セクシーでかわいい6人のになるために2PMは熱く走った。

過去27日と28日、ソウルオリンピック公園内体操競技場でグループ2PMの単独コンサート「ハウスパーティー(HOUSE PARTY)」が開催された。 9ヶ月ぶりに完全体カムバックした2PMは去る15日発売した正規5集「NO.5」収録曲をはじめ、これまでのヒット曲のレパートリーを選曲した。

メインステージを基本に花道、階段ステージ、ブリッジ·ロード、リフトなどを活用して、曲ごとに異なる​​雰囲気を伝えた。 コンサートは総5つのセクション "前座 - 遊ぼう」「ソフト」「パフォーマンス」「パフォーマンス - 遊ぼう」「アンコール」に分かれて23曲を選曲、ランニングタイム150分を満たした。

「狂ったんじゃないの」「お前が信じる」「JUMP」「MAGIC」「NANDS UP」でオープニング舞台を飾った2PMは、すでに全身を汗でびっしょり濡らした。 六メンバーは「今日とりわけ暑く感じられる。 あなたが熱くそのようなことだ」と言ってファンを熱狂させた。
991496.jpg
◆2PMの自作曲...」誘惑して、セクシーな「

メンバーは、5集に収録された自作曲に対する愛着を見せた。 まず、テギョンは自作曲「JUMP」と「MAGIC」について「コンサートの時、皆さんと一緒にジャンプしたくて書いた曲が「JUMP」だ。 本当に楽しい曲である。 すでに汗が上がった」と、「MAGIC」は「舞台の上であなたを誘惑したいに書いた。 コンサートで披露することがあって嬉しい。 今日新曲をたくさん準備した。 期待してくれ」と頼んだ後、舞台を続けた。

2PMは、メンバー賛成の自作曲「GOOD MAN(グッドマン)」で女性ダンサーたちと呼吸を合わせた。 体を密着したダンスで妖艶な雰囲気を成し遂げた。 舞台を終えた後、2PMは「舞台があまりにもエロい。 ファンの反応が良くない。 殺伐とである。 先に今回のコンサートがなければと話をしていないか」と冗談を言った。

メンバーたちは「今の雰囲気がダウンしたが、この曲を書いた分のために一体なぜ書いたか聞いてみよう。 ファンが好きではないパフォーマンスまでにされた曲を作ったファン·チャンソンさんが言ってくれ」と笑った。

すると賛成は「ここまではずは思わなかった。 この曲は、「私は良い男だ。 自分を信じてついてきて」そのような内容である。 拡大解釈してはいけない。 私の心に沿ってこいという内容だった」と説明した後、最終的に "曲をこのように作って皆さんに申し訳ない。 しかし、多ビジネスではないか。 女性ダンサーたちもだビジネスだ」と言って悔しさを訴えて笑いを抱かれた。

5集タイトル曲 '我が家」を作ったメンバーを与えたケイは、「一生懸命作った。 「我が家」は、大衆の前に出たとき2PMが最も輝くことができることを考えてみた」とし「メンバーたちの目つき一つ一つを気にして作った。 セクシーで男性美的な部分を見せたかった。 女性の立場から男が「私たちの家に行こう」とすると、セクシーで可愛く聞こえるだろうと思った」と笑った。

5集の別の収録曲「君だけの男」については、「あまりにも悪い男の話だ。 このような人を注意を促す内容で書いた。 しかし、私は悪い男ではない。 優しい男だ」と自信を示した。
991495.jpg
◆2PMの自信を持って...」ボーカルの調和、ダイナミックパフォーマンス」

「ソフト」セクションで、2PMは振り付けを置いて、ボーカルに集中した。 「この歌を聞いて帰ってきて」「NOBODY ELSE」「ONLY YOU」「I can not」と自己の曲消化に自信を見せた。 2PMはリードボーカルのメンバーに依存せずにゴールドブレンドを成し遂げた。

セクションが変わって強烈なパフォーマンスが伴われる舞台でも2PMは堅くなった。 昨年10月に正規4集発売記念コンサートの時とは比較される結果であった。 当時2PMは、技術的なミスはもちろん、メンバーの実力的な部分でも大きな差を見せた。 調和を成し遂げられなかった舞台に物足りなさを残した。

しかし、今回の公演で2PMは23曲を溢れるパワーと躍動的な舞台構成に導いた。 オープニングからすでに汗まみれで舞台を焼いた2PMは、エンディング曲10点満点で10点」まで休むことなく動いた。 アンコール舞台に上がった2PMは困難な感情を表わした。
991494.jpg
ウヨンは「時間が本当に速いです。 今日の公演が3分で終わったようだ。 ファンではない人たちにも「2PMはこうだ」と見せたかった。 そして、自分た」、賛成は「アルバム出す期間が他の歌手に比べて長い方なのに待ってくれて感謝します。 これからも良い姿をお見せ。 私達を信じてついてきてくれ」、準ケイは「今年でデビュー8年目になった。 多くのことがあった。 一緒にしてくれるファンがいて無駄にならなかった。 2PMに開始して、それぞれの活動になった。 これからも2PMは一緒にする。 素敵訪ねる」とは、次の誓約した。

ジュノは「新しい姿をたくさん見せてあげたかった。 夜の漏れ会議した。 ソロ舞台がないのは、2PM本来の姿を見せるためだった。 私たちと一緒に、あなたが楽しんでくれて感謝している」、テギョンは「特別なことをお見せしたかった。 もちろん好きな舞台もあった。 そんなの多試行錯誤だ。 続けコンサートでお伺いするとき、あなたが好む舞台に出てくるしたい」、ニックンは「韓国でデビューした時から悲しい思いがなかった。 慣れていないところで働いたが、皆さんが持ってここに私たちの家と呼ばれると思う。 私たちは最初のものより、今は良くなった。 これからもっとよくする。 期待してくれ」と頼んだ。

2PMは「狂ったんじゃないの」「HANDS UP」「THANK YOU」でアンコール舞台を終えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 29.2015   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/20748-2ce76ea8

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR