FC2ブログ

「プロデューサ」、イ·スンギが見せてくれたクレイジーカメオの定石

991866.jpg
歌手兼俳優イ·スンギが「プロデューサ」でカメオ出演だけで「狂った存在感」を披露した。 大衆に強く認識されている「正しい男」の姿を楽しんでねじれる設定をおいしく生かす演技でお茶の間を笑顔にした。 友情出演なのに強烈な楽しさをプレゼントして「カメオの定石」を見せてくれたこと。

彼は過去30日放送されたKBS 2TVグムトドラマ「プロデューサ」6回で「ミュージックバンク」タックイェジンPD(コン·ヒョジン)と親交があり、トップ歌手シンディ(アイユー分)は、自分の正しいイメージのために疲れという本音を打ち明けるイ·スンギ役で登場した。 普段イ·スンギは、多目的なスターの標本であり、デビュー後大きな事件と事故に巻き込まれない程度に、自己管理の徹底スターに選ばれる。 10年間活動し、大きな物議を起こさないことは、適切な靭性をそろえたため。

「プロデューサ」は、このような通常のイ·スンギの性格を楽しんで再構成した。 イ·スンギがすべての人に親切に行動をしたため、疲れという仮想の設定を加味興味を刺激したもの。 通りがかりに服を落とした見知らぬスタイリストを助け、一緒に仕事をしたスタッフの名前をすべて覚えて、生まれて初めて見た赤ちゃんを心配しているオジラプはイ·スンギの自然な演技と一緒にテレビ劇場をパンパンぽんと鳴らした。 イ·スンギはこの日、一時もじっとしていられずに丁寧な疲れているがたまるトップスターイ·スンギ逆に完全に変身した。

安定した演技力で長くドラマ出演交渉1順位のイ·スンギはしばらくの出演だけで視聴者たちをひきつけて、劇中の楽しみを高めるカメオの本分をやった。 何よりもコン·ヒョジン、キム·スヒョン、アイユなどがドラマの主役とチャルジン呼吸を見せてくれてカメオ出演と惜しい強い漢方を見せてくれた。

予診を好きなベクスンチャン(キム·スヒョン分)の嫉妬を誘発し、予診と「ビジネス親交」を維持し、シンディは、自分の率直な本音を打ち明ける姿が芸能局を背景に、実際のと仮想の間を行き来通うこのドラマの旨味を生かしたもの。 放送後、多くの視聴者がイ·スンギを一日も早く新しい作品で会いたい話をするのもこのためである。 イ·スンギは、昨年SBSドラマ「君たちは包囲された」の後のアルバム作業に熱中し、来月4日正規アルバムで帰ってくる予定である。

一方この日 'プロデューサ」は、視聴率上昇の勢いを継続することになった。 去る29日放送された5回の11.2%(ニールセンコリア、全国基準)を記録したこのドラマは、6回から13.5%に自己最高視聴率を記録した。 現在、このドラマは芸能PDたちを笑わせ痛い日常と劇中人物の複雑に絡み合っている愛情関係で楽しさをプレゼントするところだ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2015   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/20230-5609727f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR