FC2ブログ

それでも青い日に 7話

高校生ヨンヒ(ソン・ハユン)は学校授業が終わればすぐに家に行って家事をしながら弟(妹)を世話するがミョンジュ(パク・ヒョンスク)はすべての財産を持って逃げたエシム (ユン・ヘヨン)考えにヨンヒだけ見れば冷たくふるまう。 一方末っ子弟(妹)ヨンフン(チョン・ジェヒョク)はヨンヒにソリを作ってほしいとヨンヒはドンス(キム・ミンス)にお願いしてソリを作ってヨンフンに与える。 調子にのったヨンフンはソリに乗って大きくケガして...

・・・・・ミョンジュはかつては名家の奥さまらしく、慈悲深く、愛人との同居も我慢し、その子ヨンヒのことも可愛がっていたはずなのに、夫が死に、エシムのせいで家が没落、長女ジョンヒもエシムに奪われてからというもの、昔と同じ人間とは思えないほど、すっかり心がすさみ、ひねくれまがったようね。何かというとヨンヒを目の仇に、虐待の毎日。
体が弱いというのをいいことに、家事一切をヨンヒに押し付け、自分は寝たり起きたりの生活。
おしんのような哀れなヨンヒに同情して、見るに見かねたドンスが手助けすれば「男好きなところも母親そっくりね」と、何かにつけ性悪エシムにそっくりだと繰り返すのだ。
昔の誇り高き精神を取り戻してほしいものだわ。

そして映画を見に行って遅くなった妹ミジョンを探しに行ったヨンヒは、不良たちに絡まれていたミジョンを助けようと、乱闘騒ぎになってしまう。
通りかかったドンスが参戦。警察沙汰になり、保護者として迎えに来たドンス母に「愛人の子」とののしられ、ミョンジュにも冷たい仕打ちを受ける。
帰宅して荷物を部屋から投げ捨てられたばかりか、ミョンジュによって火をつけられ、ヨンヒの大事な教科者や制服が燃やされてしまう。

もとはといえばミジョンが悪いのに、なんでもヨンヒのせいにして。祖母もため息ばかりついてないで、もっと積極的にヨンヒをかばって、ミョンジュを叱責、いさめてくれればいいのに。
母親の罪を背負って、かわりに一家に尽くすけなげなヨンヒが可哀想。唯一学校に行っていることがヨンヒの心に支えに違いないのに。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2015   0 comments   0 trackback
Category :それでも青い日に

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/20216-a22e49ed

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR