FC2ブログ

ずっと恋したい 最終話

荒唐無稽、無茶苦茶なとんでもないドラマ、終了(^_^;)

初めのころは、テヤンとユリのツンデレラブコメ中心のほのぼのホームドラマかと思って、毎回すごく楽しみに視聴していたのに。
テヤン実母ヨンランがその性悪な正体を現し始めたころから、どんどんドロドロになってゆき、ミステリー、サスペンス、最後はユリ父のサイコキャラのみが目立っていて、見るたびに胸が悪くなるドラマに凋落。
そしてラストもね~。
ユリ父が狂う原因、全ての諸悪の根源ヨンランが途中から善人面して、なぜか皆に惜しまれながらの死を迎えた。
その葬儀も30年育ててもらったユリ兄妹がしきるんじゃなくて、なんとついこの間親子の名乗りをあげたばかりで、「母さん、母さん」のマザコンになったテヤンが喪主。
変じゃない?

ユリ父の不正、横領、殺人未遂などで、破滅したユリ家。ユリ祖母がそのショックから認知症になり、ホームレスとして行き倒れ、最期を迎え、ユリ父は逮捕されて刑務所に入ったのに、祖母葬儀のすきをついて、逃亡。
結局自ら運転する車を崖めがけて突進させ、命を絶ってしまう。
両親、祖母と次々に三人の家族を失ったユリ兄妹。

テヤンに「もうあなたとは一緒に行けない」とユリの方から告げたのは、まあ気味がよかったけど、「葬儀が終わるまでは」とあっさりテヤンがユリの申し出を受け入れたのは不満だったわ。
ユリがテヤンのそばにいて、これまでの壮絶な出来事を思い出さないわけにいかず、苦しくて辛いから別れを決断したのはわかるけど、テヤンはユリをなんとか説得してでも、離れるべきじゃなかったのに。

そしてお決まりの二年後。
それぞれのカップルに子供も生まれ、留学していたらしいテヤンが帰国。
ヨンランのお墓詣りで偶然再会したユリを抱きしめ「一緒に行こう」と力強く告げ、ユリが涙ながらにうなずくところで終わり。

あまりにもあきれるばかりの展開に、脚本は誰だろうと検索してみたところ、
チェ・ユンジンし、といってイヨンエさんの「インビテーション」を手掛けたベテランだけど、「私に嘘をついてみて」「愛する人よ」で大コケもしてる先生。
日々ドラマでは「三姉妹」も、なかなかドロドロだった記憶があるわ。

テヤン役のソハジュンしが、呪われたかのように、今、契約違反問題で韓国芸能協会から、出演不可の通知を受け、仕事がしにくい状況に陥ってる。なんだか暗い話題で覆われたダメージドラマとして当分後味悪い作品だったと記憶しそう。


スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2015   0 comments   0 trackback
Category :ずっと恋したい

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/20078-3375ea43

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR