FC2ブログ

キルミー・ヒールミー 15,16話

15回一生贖罪する気持ちで生きても足りない傷つけた人ですから

トヒョン(知性)はなくした記憶が思い出され始めて、リオは(パクソジュン)はリジン(ファン・ジョンウム)を拉致した背後が誰なのか調べてみることにする。
リジンはトヒョンのために自身の幼い時記憶を想いうかべようとして、トヒョンはそのようなリジンが心配になる。 シン・ファラン(シム・ヘジン)は“私の病気を天下に公開する”というトヒョンの話にパニック状態となる。

16回とても永らく記憶します

トヒョンはリジンと共に雪の花列車に乗って別れ旅行に行く。 シン・ファランはトヒョンをどうにか昇進グループに残るようにするために作戦をたてて、ソ・テイム会長はリジンに別に会うけれど...

・・・・・リジンがこれ以上残酷な過去の記憶を取り戻さないよう、もう会わないでくれというリオンの頼みを受け入れるドヒョン。リジンが行きたがっていた雪列車旅行に行き、海辺で別れを告げる。
リジンは段々子供のころの記憶を思いだしはじめ、母に実の両親のことを話してくれるよう頼む。
実の母はドヒョンの戸籍上の母。父はすでに死亡している。母は政略結婚でドヒョン父に嫁いだが、利発で同道していて才能のある妻に気おくれして夫婦はうまくいかず、ドヒョン父は失踪。7年後にドヒョンを連れて帰る。
そしてドヒョンが良くないことをすると、リジンが代わりに折檻されていたのだ。
ドヒョンは自身が虐待を受け心がばらばらになったのではなく、リジンを守れなかった罪悪感で別人格が出現するようになったことを知る。

そしてドヒョンは自分が屋敷に連れ帰らる以前にすでに戸籍に入っていたことを不思議に思う。そのころリジンは、実母が優しく呼んでいた自分の本当の名前を思い出す。ドヒョン、というのがリジンの本当の名前だった。

複雑~。でも要するにドヒョン父は、妻が産んだ他の男の子供、リジンを憎悪して虐待してたわけね。
癒されるべきは本当はリジンだった。ドヒョンは事実を知ってどう行動するのかしら。


スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2015   0 comments   0 trackback
Category :キルミー・ヒールミー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/19722-483c89f6

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR